[アップデート] AWS Trusted Advisorのコスト最適化に5つの項目が追加されました

こんにちは。サービスグループの武田です。AWS Trusted Advisorのコスト最適化にSavins Planなどの新しいチェック項目が追加されましたのでお届けします。
2020.05.08

こんにちは。サービスグループの武田です。

利用しているAWS環境のコスト最適化やセキュリティに対する推奨事項を提案してくれるAWS Trusted Advisor(以下、TA)というサービスがあります。TAでは次の5つのカテゴリに分類され、それぞれにおいてチェック項目および推奨アクションが提示されます。

  • コスト最適化
  • パフォーマンス
  • セキュリティ
  • フォールトトレランス
  • サービスの制限

今回、コスト最適化に新たに5つのチェック項目が追加されました。

チェック項目の前提

TAは契約しているサポートプランによってアクセス可能な範囲が異なります。今回追加されたチェック項目はビジネス/エンタープライズの契約が必要となります。

AWSではAWS Organizationsを利用した一括請求というしくみがあります。これを利用している場合、AWSアカウントはマスターアカウント(一括請求の支払いをするアカウント)とメンバーアカウント(直接支払いをしないアカウント)に分けられます。今回追加されたチェック項目はメンバーアカウントでは利用できません。

まとめると、ビジネスプラン以上の契約をしているマスターアカウントで確認できる項目が追加されたということになります。

追加された項目

今回、次の5つのチェック項目が追加されました。

  • Savings Plan
    • 過去30日間のEC2、Fargate、Lambdaの使用状況を確認し、Savings Plan購入の推奨事項を提供
  • Amazon ElastiCache リザーブドノードの最適化
    • ElastiCacheの使用量をチェックし、ElastiCacheオンデマンドの使用により発生したコストを削減するのに役立つリザーブドノードの購入に関する推奨事項を提供
  • Amazon RedShift リザーブドノードの最適
    • Redshiftの使用量をチェックし、Redshiftオンデマンドの使用により発生したコストを削減するのに役立つリザーブドノードの購入に関する推奨事項を提供
  • Amazon Relational Database Service (RDS) リザーブドインスタンスの最適化
    • RDSの使用量をチェックし、RDSオンデマンドの使用により発生したコストを削減するのに役立つリザーブドインスタンスの購入に関する推奨事項を提供
  • Amazon Elasticsearch リザーブドインスタンスの最適化
    • ElastiCacheの使用量をチェックし、ElastiCacheオンデマンドの使用により発生したコストを削減するのに役立つリザーブドノードの購入に関する推奨事項を提供

実際にアクセスしてみました。

まずはメンバーアカウントの場合です。グレーアウトしており特に何も情報がありません。

次にマスターアカウントの場合です。こちらはチェック項目が機能しており、どれくらいの削減効果が見込めそうかの情報が提供されています。またプルダウンを開いて詳細を確認することで、具体的にどのインスタンスタイプをどれくらい購入すればよいかといった推奨項目も確認できます。

まとめ

メンバーアカウントでは確認できませんが、コスト削減に関する情報はうれしいですね。ぜひ活用していきましょう!