[小ネタ]AWS BackupでEC2をリストアした後に変更される項目や再設定が必要な項目

2020.02.26

はじめに

こんにちは。大阪オフィスの林です。

AWS BakcupでEC2のバックアップを取得する機会があったので、リストア時にインスタンスの設定がちゃんと戻っているかマネコンで確認レベルで簡易的にチェックしました。幾つか再設定が必要な部分もあったので備忘でまとめておきたいと思います。なおバックアップおよびリストアの概要や手順に関しては下記のブログをご参照ください。

注意

お断りですがすべての設定項目で差異のチェックが出来ているわけではありません。個人的に良く設定する項目だったり良く見る項目を中心に確認しています。

確認してみた

設定項目
設定の変化
備考
インスタンスID 変わる もちろん変わるのでインスタンスIDでハードコートしている処理があれば
リストア後のインスタンスのIDに書き換えてあげる必要があります
インスタンスの状態 リストア時に自動で起動する オフライン状態でバックアップを取得しても
自動で起動します
インスタンスタイプ リストア時に指定した設定が入る
プライベート DNS 変わる
プライベート IP 変わる
VPC リストア時に指定した設定が入る ということはAWS Bakcupを使ったバックアップリストアでも
所属のVPCを変えれる(AMI取得方法とあまり変わらないか)
サブネット ID リストア時に指定した設定が入る
T2/T3 無制限 リストア時に指定した設定が入る
Elastic IP 変わる EIPを固定で付けている場合も剥がされるので再設定が必要です
アベイラビリティーゾーン リストア時に指定した設定が入る 実際にはAZは指定できないのですが
サブネットを指定するのでそれに紐づいて設定されます
セキュリティグループ リストア時に指定した設定が入る
AMI ID 変わる 「AwsBackup_<バックアップしたインスタンスID>_xxxxxxxxx」
という名前のAMI IDに変わります。
もともとのAMIIDが分からなくなります
IAM ロール リストア時に指定した設定が入る
キーペア名 表示上消える ちょっとビックリで、表示上消えているので
一瞬『どうやって接続するんだ?』
と思いましたがバックアップしたEC2と同じキーペアで
接続が可能でした
終了保護 リストア時に指定した設定が入る
詳細モニタリング 変わる(無効化になる) 詳細モニタリングを有効化してバックアップを取得しても
「無効化」になります。
必要に応じて再度有効化が必要です
タグ 変わる(消える) Nameタグとかは初期化されます。
必要に応じて再度タグ付けが必要です

まとめ

すごくシンプルに確認をしてみたのですが、EIPとか固定で付けてても変わっちゃうので再設定が必要だったりします。またプライベートのIPに依存しているシステムなんかも注意が必要だったりします。個人的にはタグが消えるのがスゴく惜しいなと思うのですが、まだEC2のバックアップは対応したばかりということもあるので今後のアップデートに期待したいと思います!
また他にも差分があるかもしれないので見つけたら更新したいと思います。

以上、大阪オフィスの林がお送りしました!