[アップデート]AWS Backup で、AWS CloudFormation を使用して定義されたアプリケーションをまとめてバックアップできるようになりました#reinvent

2022.11.29

こんばんは、リサリサです。

AWS Backup が、AWS CloudFormation を使用して定義されたアプリケーションのアプリケーション対応データ保護を開始しました。

アップデート内容

バックアップ時に CloudFormation のスタックを指定する事で、そのスタックに含まれる全てのサポート対象の AWS サービスをまとめてバックアップできるようになりました。

やってみた

準備

まずは、サービスのオプトインが必要です。

「設定」の「リソースを設定」から「CloudFormation」を有効化します。

 

バックアップ

EC2 と RDS を含む↓のスタックを使用して試してみます。

「保護されたリソース」から「オンデマンドバックアップの作成」で試してみます。

「リソースタイプ」に「CloudFormation」が追加されています。こちらを選択します。

「今すぐバックアップを作成」で「オンデマンドバックアップを作成」してしばらく待ちます。

ちなみにサービスのオプトインが出来ていないと以下のエラーが出ます。

CloudFormation resource type is not opted in. Opt in to the resource type using update region settings.

しばらく待ったらバックアップ完了しました。

「ジョブ」の「バックアップジョブ」から確認できます。

スタックからツリー状にバックアップが作成されるようです。

リストア

EC2 を復元してみました。

「保護されたリソース」から対象のスタックを選択し、「+」から展開します。

EC2 を選択して「復元」します。

進捗状況は「ジョブ」の「復元ジョブ」から確認できます。

復元できました。

最後に

スタックを指定するだけで全サービスがまとめてバックアップできるのは便利ですね。

どなたかのお役に立てば幸いです。