ちょっと話題の記事

Androidコンポーネント初級編#4 : GridViewの使いかた

2011.08.16

はじめに

今回はGridViewの使いかたを解説したいと思います。 GridViewは、その名の通り要素をグリッドで表示するコンポーネントです。 今回は、テキストのみの簡単なGridViewと、GridViewを使った画像ギャラリーのサンプルを作成します。

GridViewの作りかた

1.ArrayListを作る

これまで同様、まずはデータリストを作成します。 例ではString型のArrayListを作成しています。

2.ArrayAdapterを作る

ここも前回と同様、ArrayAdapterを作成します。 例では、String型のArrayListを作成しています。 レイアウトは前回も使用したandroid.R.layout.simple_list_item_1を使っています。

3.GridViewにAdapterをセットする

最後に、GridViewのsetAdapter()メソッドで上記で作成したArrayAdapterをセットします。 GridViewはレイアウトのXMLで定義していますが、プロパティにandroid:numColumns="4"と設定しています。 これによってアイテムが4列に配置されるリストになります。

SampleActivity.java

package cm.blog.sample;

import java.util.ArrayList;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.GridView;

public class SampleActivity extends Activity {

	@Override
	public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.main);

		ArrayList<String> list = new ArrayList<String>();

		list.add("A");
		list.add("B");
		list.add("C");
		list.add("D");
		list.add("E");
		list.add("F");
		list.add("G");
		list.add("H");
		list.add("I");
		list.add("J");
		list.add("K");
		list.add("L");

		ArrayAdapter<String> adapter = new ArrayAdapter<String>(
				getApplicationContext(), android.R.layout.simple_list_item_1, list);

		GridView gridView = (GridView) findViewById(R.id.gridView1);
		gridView.setAdapter(adapter);
	}
}

main.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
	android:orientation="vertical"
	android:layout_width="match_parent"
	android:layout_height="match_parent">
	<GridView android:id="@+id/gridView1"
		android:layout_width="match_parent"
		android:layout_height="match_parent"
		android:numColumns="4"
		android:verticalSpacing="10dp"
		android:horizontalSpacing="10dp">
	</GridView>
</LinearLayout>

実行結果

画像ギャラリーを作ってみる

GridViewの作りかたはこれまでのListViewの作りかたとほぼ同じなので簡単だったと思います。 そこで今回は、ステップアップして「画像ギャラリー」のサンプルアプリを作ってみましょう。 画像のサムネイルが一覧で表示される、簡単なものです。 なお、”画像”ギャラリーですので、端末内には必ず数枚画像を入れておきましょう!

1.ContentProviderから端末内の画像の情報を取得する

まずはじめに、Android端末内の画像情報をContentProviderから取得します。 ContentProviderとは、Androidから提供される、アプリケーション間でデータ連携をするための手段です。 端末内の画像情報の他にも、アドレス帳などよく使われるようなデータの連携が行えます。 今回はSDカードのデータを取得したいので、URIにMediaStore.Images.Media.EXTERNAL_CONTENT_URIを指定します。 managedQuery()メソッドを実行すると、URIに合ったデータがCursorオブジェクトとして返ってきます。

2.画像のサムネイルを取得する

画像の情報が取得できたところで、それを元に画像のサムネイルのビットマップを取得していきます。 サムネイルの取得にはMediaStore.Images.Thumbnails.getThumbnail()を使用します。 Androidでは画像のサムネイルの生成を行う機能が提供されているので、サムネイルのビットマップ簡単に取得することができます。 今回は第三引数にMediaStore.Images.Thumbnails.MICRO_KINDを指定していますが、 これは96pxの正方形のサムネイル画像を指します。 ちなみにMediaStore.Images.Thumbnails.MINI_KINDを指定すると長辺300~500pxのサムネイル画像を取ることができます。 (長辺のサイズは画像の縦横比によります)

2.ArrayAdapterのカスタムクラスを作る

次に、サムネイルのBitmapリストを格納するArrayAdapterを作ります。 これまではString型を対象としていましたが、今回はBitmap型を使うのでBitmap型に対応したArrayAdapterのカスタムクラスも作成します。 ArrayAdapterのgetView()メソッドをオーバーライドすることで、そのリストの各アイテムのViewをカスタマイズできます。 例では、アイテムのレイアウトにImageViewを指定し、getView()メソッド内でsetImageBitmap()をすることにより、 各アイテム(Bitmap)をImageViewにセットしています。

3.GridViewにAdapterをセットする

最後に、上記で作成したArrayAdapterをGridViewにセットします。 ここはこれまでと同様です。

SampleActivity2.java

package cm.blog.sample;

import java.util.ArrayList;

import android.app.Activity;
import android.content.ContentResolver;
import android.database.Cursor;
import android.graphics.Bitmap;
import android.net.Uri;
import android.os.Bundle;
import android.provider.MediaStore;
import android.widget.GridView;

public class SampleActivity2 extends Activity {
	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.main);

		ArrayList<Bitmap> list = load();
		BitmapAdapter adapter = new BitmapAdapter(
				getApplicationContext(), R.layout.list_item,
				list);

		GridView gridView = (GridView) findViewById(R.id.gridView1);
		gridView.setAdapter(adapter);


	}

	private ArrayList<Bitmap> load() {
		ArrayList<Bitmap> list = new ArrayList<Bitmap>();
		ContentResolver cr = getContentResolver();
		Uri uri = MediaStore.Images.Media.EXTERNAL_CONTENT_URI;
		Cursor c = managedQuery(uri, null, null, null, null);
		c.moveToFirst();
		for (int i = 0; i < c.getCount(); i++) {
			long id = c.getLong(c.getColumnIndexOrThrow("_id"));
			Bitmap bmp = MediaStore.Images.Thumbnails.getThumbnail(cr, id, MediaStore.Images.Thumbnails.MICRO_KIND, null);
			list.add(bmp);
			c.moveToNext();
		}
		return list;
	}
}

BitmapAdapter.java

package cm.blog.sample;

import java.util.List;

import android.content.Context;
import android.graphics.Bitmap;
import android.view.LayoutInflater;
import android.view.View;
import android.view.ViewGroup;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ImageView;

public class BitmapAdapter extends ArrayAdapter<Bitmap> {

	private int resourceId;

	public BitmapAdapter(Context context, int resource, List<Bitmap> objects) {
		super(context, resource, objects);
		resourceId = resource;
	}

	@Override
	public View getView(int position, View convertView, ViewGroup parent) {

		if (convertView == null) {
			LayoutInflater inflater = (LayoutInflater) getContext().getSystemService(Context.LAYOUT_INFLATER_SERVICE);
			convertView = inflater.inflate(resourceId, null);
		}

		ImageView view = (ImageView) convertView;
		view.setImageBitmap(getItem(position));

		return view;
	}

}

list_item.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<ImageView
  xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
  android:layout_width="wrap_content"
  android:layout_height="wrap_content">
</ImageView>

実行結果

まとめ

今回は、GridViewの基本的な使いかた、そしてサンプルとして画像ギャラリーを作ってみました。 アイデア次第ではいろいろな使いかたができるかと思います。ぜひ挑戦してみてください!