俺の目は節穴だった…VPCコンソールをより快適に利用する方法

VPCコンソールは左上の「VPCでフィルタリング」機能でもっと快適に使うことができます。
2019.05.21

こんにちは、大阪オフィスのかずえです。 VPCコンソールを使い始めてはや◯年。全然気づいてなかった機能がありましたのでご紹介します。

VPC コンソールのつらいところ

沢山リソースがあったら見づらくないでしょうか。 特に、開発・ステージング・本番環境を同じアカウントで作成している/複数のシステムを同じアカウント内で稼働させている時など、似た様な名前のリソースが沢山ある場合、調べたい・操作したいリソースがどれかを探すのは一手間です。 リソース一覧の上にある検索窓を使って絞り込めば良いですが、毎度文字入力するのも手間ですよね。

サブネットとか、セキュリティグループとか、溢れがち。

サブネット

サブネットがいっぱい

セキュリティグループ

セキュリティグループいっぱい

「VPCでフィルタリング」機能が便利

VPCでフィルタリング

VPCコンソール左上をご覧ください。 「VPCでフィルタリング」という検索窓があるのにお気づきでしょうか。ここをクリックすると、、

VPCの一覧が表示される

VPCをフィルタリングをクリック このように、作成しているVPCの一覧が表示されます。

一つ選択すると、、

そのVPC下のリソースだけ表示される

以降表示されるリソースは全てそのVPC下のものだけになります!(フィルターされる)

フィルターされたセキュリティグループ

ページ移動してもフィルターはかかったままです

VPCコンソールの中であれば、ページを移動してもフィルターはかかったままです。 例えばサブネット→ルートテーブル→インターネットゲートウェイなどと画面遷移してもずっとその間表示されるリソースは同じVPC下のもののみです。

まとめ

VPCコンソールは左上の「VPCでフィルタリング」機能でもっと快適に使うことができます。ぜひご利用ください!

ちなみに

IAM のコンソールにも同じ位置に検索機能があります!こちらもあわせてどうぞ!

IAMコンソールの便利な検索機能