[AWS] Windows から Active Directory 認証を使って AWS Client VPN に接続する

2019.05.29

こんにちは、菊池です。

今回紹介するのは、先日東京リージョンでも使えるようになったばかりの、AWS Client VPNについてです。

[AWS]踏み台をワンチャンなくせる!?VPC接続にClient VPNを使ってみよう

AWS Client VPNでは、上記記事にて紹介した相互認証のほか、Active Directory認証が利用可能です。Windowsクライアントからの、Active Directory認証による接続方法を試してみました。

Active Directory認証によるClient VPN

先の、相互認証との違いは、以下の2点のみです。

  • あらかじめDirectory Serviceを作成しておく
  • 認証方式にActive Directory認証を選択

まずはDirectory Serviceの立ち上げです。今回はSimple ADを立ち上げました。

続いて、Client VPNエンドポイントの設定です。認証オプションで、[Active Directory認証の使用] を選び、先に作成したSimple ADのディレクトリIDを選択します。

あとは、相互認証のときと同様に、VPC、サブネットを関連付けしておきます。VPNエンドポイントが作成できたら、クライアント設定をダウンロードしておきましょう。

Windows クライアントの接続

こちらから、Windows用のOpenVPNクライアントをダウンロードします。ダウンロードしたインストーラを実行し、OpenVPNをインストールします。特に迷う箇所はありませんでした。

インストールできたら、タスクトレイのアイコンを右クリックし、接続設定をインポートします。ダウンロードしておいたクライアント設定をインポートしましょう。

問題なくインポートできました。

同様にタスクトレイのアイコンを右クリックし、接続を実行します。認証情報を求められますので、Directory Serviceのユーザー情報を入力し、接続します。

接続できました!

VPN接続のネットワークインターフェイスが設定されています。

コンソールからも、接続が確立していることが確認できます。

最後に

AWS Client VPNのActive Directory認証を使った、Windowsクライアントからの接続を紹介しました。思った以上に簡単に接続できたという印象です。Directory Serviceの設定がされていれば、クライアント自体はADへの参加は不要で簡単に接続できます。

また、触ってみてわかったのが、AWS Client VPNの設定の幅の広さです。こちらは追々検証して紹介していきたいと思います。