Cloud9 にてAWS CLI v2が使えるようにセットアップしてみた

2022.10.29

こんばんは、丸屋 正志(Maruya Masashi) です。

はじめに

あなたがお使いの Cloud 9 の AWS CLI バージョンはいくつですか?

僕は、AWS CLI v1 でした・・・なので、何かしらコマンドを実行した時にエラーが返ってきて何度か焦りました。

いつも実行してるコマンドをが駄目!!って返ってくると「え?!仕様が変わった?!それとも、何かしらの設定ミス?!」ってなるからです。

そんな困らないために、今回は Cloud9 の AWS CLI を v2 へのセットアップ方法になります!

やってみた

1, 前提条件

  • ホームディレクトリにてコマンドを実行しています
  • 既に AWS CLI v1 がインストールされている

2, ホームディレクトリへの移動

はじめにホームディレクトリに移動します。

※ ここではホームディレクトリと指していますがご利用の環境にインストール先を変更して大丈夫です。

ログインユーザー名:~/environment $ cd

3, AWS CLI v1 をアンインストール

AWS CLI v2を導入するにあたり、不要となった AWS CLI v1 をアンインストールします。

ログインユーザー名:~ $ sudo pip uninstall awscli -y

4, AWS CLI v2 をインストール

下記ドキュメントを参考に、AWS CLI v2 をインストールしますが、次のコマンド達でAWS CLI v2をインストールする事ができます。

ログインユーザー名:~ $ curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip"
ログインユーザー名:~ $ unzip awscliv2.zip
ログインユーザー名:~ $ sudo ./aws/install

5, 反映とバージョン確認

インストールした AWS CLI v2 を反映させるために、一旦ターミナルから退出します。

exit とコマンド入力して実行または、下記画像のように表示されているターミナルのタブ上から x をクリックします。

ターミナルから退出が完了したら、 + から New Teminal をクリックして、新しいターミナルを開きます。

その後に、AWS CLI v2 がインストールされているかを確認します。

ログインユーザー名:~/environment $ aws --version
aws-cli/2.8.2 Python/3.9.11 Linux/4.14.291-218.527.amzn2.x86_64 exe/x86_64.amzn.2 prompt/off

最後に

普段はローカルで AWS CLIのコマンドを実行したりしていますが、どうしても確認したい際などに、素早く起動できる Cloud9 を活用する事が多かったりします。

つまり早く環境構築出来るのは大事。