CloudFormationからCloud9環境を作成しようとするとタイムアウトで作成できません

2021.02.28

困っていた内容

CloudFormationからCloud9環境を作成しようとするとタイムアウトし以下のエラーが発生して作成できません。

「Cannot create the AWS Cloud9 environment. There was a problem connecting to the environment.」

どう対応すればいいの?

どう対応すればいいの?

以下のように、AWSCloud9のAmazonVPC要件[参考資料1]を満たしているか確認してください。

どうしてエラーになっていたの?

Cloud9を使用するには、AWSCloud9のAmazonVPC要件[参考資料1]を満たす必要があります。

実は、VPC要件を満たしていなくても、Cloud9は作成だけはできてしまいます。VPC要件を満たしていないと、作成はしたものの接続できない状態の環境ができあがります。その状態のCloud9に接続しようとすると、以下の図のように、「Connectiong...」となって接続ができません。

CloudFormationでCloud9を作成すると、下図のように新しいスタックが自動生成され、その中でEC2が作成されます。VPC要件を満たせていないと、自動生成されたスタックは「CREATE_CONPLETE」になるのに、元のスタックが「CREATE_IN_PROGRESS」のまま進まずに、しばらく経つと、タイムアウトで「Cannot create the AWS Cloud9 environment. There was a problem connecting to the environment.」というエラーになります。Cloud9環境は作成されたのに、VPC要件を満たしていないために、接続ができずタイムアウトになっている状態です。

Cloud9環境に接続できるようにVPC要件を満たすように作成すると、自動生成されたスタックが「CREATE_IN_PROGRESS」になった後、元のスタックも「CREATE_IN_PROGRESS」になるようになります。

※InternetGatewayへルーティングすることがセキュリティ的に問題のあるようでしたら、 InternetGatewayへルーティングせずに、SessionManagerを経由してCloud9を使用することも可能です[参考資料2]

参考資料

テクニカルサポートノートとは?

クラスメソッドのカルチャー(CLP) の「情報発信を通じて、全ての人々の創造活動に貢献し続ける」という考えから、クラスメソッド メンバーズをご利用のお客様よりいただいたお問い合わせより、他の AWS ユーザーにとっても 有益な情報を一般的な TIPS としてご紹介しています。