【Contacts IoT】第二章の幕開け!アプリ開発を始めるにあたっての資料を公開しちゃいます

はじめに

テントの中から失礼します、IoT事業部のてんとタカハシです!

コンタクトレンズ使用者を眼障害から守ることを目的として、コンタクトレンズの着脱管理を行う IoT プロジェクトを進めています。 プロジェクトの概要については、下記の記事をご参照ください。

本プロジェクトに関する記事の一覧は下記のページにまとまっています。

概要

この度、Contacts IoT 第二章と題して、アプリ側の開発を開始します。

本プロジェクトは、2021年3月をひと区切りとして(実際には4月の中盤まで作業しましたが)、デバイス側のプロトタイプまで開発が進みました。また、5月に事業部内で LT を行いました。

2021年7月 ~ 9月の3ヶ月間を、アプリ開発の期間として、プロジェクトを進行していこうと思います。つきましては、第二章をどんな形で進めていくのか、どんなアプリをどうやって開発していくのかを記載した資料を作成しましたので、この記事にて公開します。

資料

資料内のポイント

システム構成案

  • アプリの OS は Android に限定する(言語は Kotlin)
  • コンタクトレンズの着脱通知は FCM (Firebase Cloud Messaging) を使用する
  • 認証周りは Auth0 を使用する

画面のデザイン案

事前検証 - アラームを鳴らすまでの流れ

  • FCM で通知 → アラーム設定 → 時間経過でアラーム画面起動 → 音が鳴る

おわりに

資料内にも記載していますが、開発が順調に進んだ場合、10月頃に社外で LT をやる予定です。その LT 内で本システムの全体を通したデモをやりたいと考えています。

今後も極力情報はオープンにしていく方針で記事を書いていきますので、興味ある方はウォッチして頂けると大変嬉しいです。

今回は以上になります。最後まで読んで頂きありがとうございました!