AWS Well-Architected Tool を使った継続的レビューを行う #reinvent

AWS Well-Architected Tool を使った継続的なアーキテクチャレビューを行う方法
2018.12.28

こんにちは、吉井です。
いかがお過ごしでしょうか。
早いもので2018年も残りわずかになりました。

さて今回は re:Invent 2018 で新サービスとして発表されました AWS Well-Architected Tool の使った継続的レビューについて考えてみます。

AWS Well-Architected Framework とは

AWS Well-Architected Framework とは何かを、AWS Black Belt - AWS Well-Architected Frameworkから抜粋します。

システム設計・運用の大局的な考え方とベストプラクティス集
・AWS のソリューションアーキテクトとお客様が長年にわたり数多くの経験から作り上げたもの
・AWS とお客様と共に、W-A も常に進化し続ける

私もお客様先でアーキテクチャ設計を担当するうえでお手本としているフレームワークです。
AWS の長所を活かすアーキテクチャを構築するために活用しています。

AWS Well-Architected Tool

今までは Well-Architected Framework に則って設計構築されているかを
レビューするには、ホワイトペーパーを熟読するか、
AWS ソリューションアーキテクトと一緒にレビューする方法がありました。

AWS Well-Architected Tool がリリースされたことにより
マネジメントコンソール上でお客様自身でのセルフレビューが可能になりました。

AWS Well-Architected Tool の使い方は弊社でも速報レポートしています。

[新サービス] AWS Well-Architected Toolがリリースされました! #reinvent

継続的レビュー

AWS Well-Architected Tool を使いセルフレビューを行うことが出来ますが
全ての項目を厳密に実施する必要はありません。
ベストプラクティスが何たるかを理解したうえで、お客様ごとのビジネス要件に合致させていくことが重要だと私は考えています。

また、Well-Architected Framework に則った設計構築を行うとしても
初期構築の段階では様々な理由で対策出来ない項目が出てきます。
それでも構いません。ビジネス上の優先順位を付けて順次対策していけば良いと考えます。
継続的にレビューを行い、徐々にベストプラクティスに近付けていけば大丈夫です。

それでは、AWS Well-Architected Tool を使った継続的レビュー方法を紹介します。

ワークロード定義

マネジメントコンソールで AWS Well-Architected Tool を開きます。
※執筆日時点では東京リージョンが Available ではないと表示されますが問題ありません。選択可能な任意のリージョンを選択してください。

Define workload ボタンをクリックします。

Workload properties を入力します。

設定値 説明
Name ワークロードを識別しる一意の名前
Description 範囲と目的を明示したワークロードの説明
Industry type このワークロードの業界
Industry 業界のカテゴリ
Regions レビュー対象としている AWS リージョン
Environment 本番かそうでないか
Account IDs (optional) レビュー対象としている AWS アカウント

レビュー開始

ワークロード定義が完了したら、Start review をクリックしてレビューを開始します。
多くの質問があるので頑張って回答していきます。

マイルストーンの保存

全ての質問に回答してレビューが完了したら、マイルストーンを保存します。
これは現時点での準拠度合いを示している基準だと思ってください。
ワークロードを開いた画面にある Save milestone をクリックすることで保存可能です。
マイルストーン名は日付や連番を付けて管理しやすくしておきます。

改善

ワークロードを開いた画面にある Improvement plan タブを開きます。
セルフレビューでチェックを入れなかった項目に関するリスクが表示されています。
「High risk」となっているものから改善を計画していきます。

ページを下の方へスクロールしていくと、チェックしていない項目に対する
推奨するアクションが表示されています。
「Recommended improvement items」を展開すると
改善に役立つドキュメントへのリンクがリストされています。

リンクをクリックした画面が以下です。

ドキュメントを参考してクラウドに最適化された改善計画を立て実行していきます。

継続

計画を実行し終わったら レビュー開始 に戻ります。
これを繰り返し継続的レビューを推進します。

おわりに

AWS は新しいサービスのリリース、既存サービスへの機能追加、新しいインスタンスタイプ、料金改訂が比較的に短いサイクルで行われています。
本エントリにある継続的レビューはこれらをシステムへ反映し、よい良いものへと進化していく手助けになります。
四半期に一度、半年に一度、年に一度継続的レビューを実施してみてはいかがでしょうか。

参考

新発表 – AWS Well-Architected Tool – クラウドベストプラクティスのレビューツール
AWS Black Belt - AWS Well-Architected Framework
公式ドキュメント