LIFFアプリのIDToken認証ライブラリ lifft-up を作りました

2021.10.14

LINE 事業部の太田です。

LIFFアプリのAPIを作る際にLiffのIDTokenによる認証を作るのですが、プロジェクト毎に同じような処理を個々に作っています。
都度、実装者がやり方を調べて対応している状況なので処理の共通化とナレッジの共有を目的として、lifft-upというライブラリを作成したので紹介させていただきます。

機能紹介

APIでの認証

APIでの認証はLIFFアプリで取得したIDTokenをサーバーに送信して、サーバー側でIDトークンの検証してOKであればAPIとの疎通を許可します。
処理のイメージとしては以下です。

参考:IDトークンを送信してユーザー情報を取得する

lifft-upで共通化するのは上図の赤枠の部分です。

lifft-upの使い方

インストール

yarn add @classmethod/lifft-up

IDTokenの検証

検証にはLIFFアプリのIDTokenLiff Channel IDが必要になります。

import * as lifftUp from '@classmethod/lifft-up'

(async () => {
 // https://developers.line.biz/ja/reference/liff/#get-id-token
 const idToken = <your id token>
 // LiffのチャンネルID
 const clientId = <your liff channel id>
 // 認証に成功するとユーザー情報などが返ってくる
 const payload = await lifftUp.authorizer(idToken, clientId)
})()

最後に

以上、lifft-upの紹介をさせていただきました。
まだIDTokenの認証機能しかないですが、今後の対応予定のものをissuesで管理しています。