(レポート) Elastic{ON} 2016 Opening Keynote #elasticon

はじめに

Elastic{ON} 2016、いよいよ始まりました!会場はPier 48です。

DSC_0053

スタートはOpening Keynoteから。最近のテックカンファレンスのKeynoteらしく、EDMがガンガン鳴ってました。

DSC_0057

前から6列目に陣取りました。良い位置です。

DSC_0058

レポート

CEO, Co-Founder, Elastic. Steven Schuurman

DSC_0065

・Elastic製品は50,000,000ダウンロードを突破。
・事例紹介。Goldman Sachs、Hotel Tonight、DARPA...大規模顧客がたくさん。
・未来。Do the right thing.More than search. Beyond Developers. Centralising your deployment.

DSC_0066

CTO & Co-Founder, Elastic. Shay Banon

DSC_0067

・ELK Stack。Elasticsearchには様々なAPIが、LogstashにはたくさんのPluginが、そしてKibanaで可視化。
・Beatsが加わった。ELKB? No。
・ELK StackからThe Elastic Stackへ。kibana、elasticsearch、logstash、beast。

DSC_0068

・新しいプロダクトロゴが発表。
・elasticsearchのFeatures。カラムナストア。Java Security Managerのサポート。ClusterステータスのDiff表示。Profile APIでクエリ評価。GEOロケーション。Pipeline Aggregation。
・kibanaのFeatures。Colour picker。Custom field。Field formatters。Black theme。Heat map(Predator Vision)。Pluggable Tile Servers。Global timezone。
・logstashのFeatures。New pipeline Architecutre。Config Reload、リアルタイムな設定の繁栄。Pluginsの追加。Java Event。パフォーマンスの改善。
・beats。新しい仲間。Packetbeat、ネットワークパケットをキャプチャして可視化。libbeat、様々なbeatsファミリを開発可能。topbeat。filebeat + logstash、ファイルをtailして可視化。winlogbeat、Windowsのイベントログの可視化。Windowsのイベントログ画面よりはるかに見やすい。metricbeat、MySQLやRedisやApacheなどに接続、metricを取得して可視化。
・Versions(トラボルタがスライドに登場)。Bonanza(2系)がリリース。

DSC_0070

・次はv5.0へ。

DSC_0071

・Kibana 4。Discover、Visualize、Dashboard。Marvel、timelionのベース。PluginでTag Cloudも実現。

Creator of Kibana. Rashid Kharn

・Kibana 5の説明。

DSC_0072

・Kibana 4と100%の下位互換性がある。画面上でグラフをグイグイ動かせる。サイズも変えられる。データ表示期間の切り替えも簡単。

Shay Banon is Return

・Extensions。私たちはextensionsが好きです。
・Packs。各ElasticプロダクトのExtensions。オープンソース無し、Enterprise editionのみ。Shield、Watcher、Security in Kibana。

DSC_0073

x-pack。Featuresのバンドルセット。

DSC_0075

Co-Founder, Elastic. Uri Boness

DSC_0077

・x-packのデモ。elasticsearchとkibanaのpluginとして、pluginコマンドでx-packをインストール。
・kibana.ymlで設定。
・elasticsearchを起動。
・kibanaを起動。
・Security in Kibanaが有効になっている。デフォルトのスーパーユーザーはelastic。
・新規ユーザーの追加。

DSC_0078

・Monitoring。Elasticsearchクラスタのモニタリング。
・ログアウトしたらまたログイン画面へ。Boom!

Software Engineer. Mark Harwood

・Graph API(graphui-plugin)のデモ。
・ロングテールなデータをラインチャートで見ると分かりづらい。Linkで表示。

DSC_0079

・Advanced option。リクエストURLとIPアドレスを関連づけして可視化。

Shay Banon is Return

・Found。The Elastic StackとX-Packのas a Service。ワンコめっちゃかわいい。

DSC_0080

・Foundはかわいいけど探すのが大変。同意。

DSC_0082

・新しい名前。cloud(探すのが大変なのは変わらないよ!)

DSC_0083

・Cloud as a Product。AWS、GCP、Azure、Softlayerにインストールできる。
・Many ClusterでもSingle use caseでもOK。
・Elastic CloudとElastic Cloud Enterprise(Private beta)

DSC_0084

Software Engineer. Michael Basnight & Njal Karevoll

DSC_0085

・cloudのデモ。
・EC2上にdockerでイメージ起動。3台立ち上げる。
・cloudの画面が起動。
・ノードに対して個別にRoleの設定が可能。
・cloudの画面からノードで起動しているkibanaの画面にすぐに移動可能。
・kibanaはSecurity Pluginが有効になっている。

IBM Fllow, VP and CTO. Jason McGee

DSC_0087

・IBMがElasticをどう使っているか
・Watson Developer Cloud。アプリケーションサーバのログをKafka->logstash->elasticsearch->kibanaで可視化。
・Twitter Insights for Bluemix。Twitter->Spark->Kafka->Elasticsearch。

DSC_0088

・Bluemixのモニタリング/ロギングサービスでも使っている。
・マルチテナントの可視化。Logstashでマルチテナントとして分けて、elasticsearchからマルチテナントProxy経由で複数のKibanaで表示。

DSC_0089

まとめ

新プロダクトロゴの発表、x-packの発表、FoundがCloudにリネーム、Cloud as a Productの発表。がOpening Keynoteの目玉でした。特にCloud as a Productはアツいですね!すぐにでもAWS上で構築して検証したいです。でもFoundのワンコは残して欲しいなぁ。

引き続き、Elastic{ON}を楽しんできます!

関連リンク