【アップデート】EOL の MySQL/PostgreSQL の Cloud SQL に延長サポートが提供されます

【アップデート】EOL の MySQL/PostgreSQL の Cloud SQL に延長サポートが提供されます

OSS のDB エンジンの Cloud SQL について延長サポートの提供(有料)が発表されました。 MySQL 5.6(2021年2月サポート終了)や PostgreSQL 9.6(2021年11月11日サポート終了) でも 2028 年 2 月 1 日まで延長サポートが継続します。
Clock Icon2024.05.30 07:14

ウィスキー、シガー、パイプをこよなく愛する大栗です。

Cloud SQL は OSS のデータベースなどを使用できますが、すでに EOL を迎えているバージョンのプロダクトもあります。EOL を迎えた OSS DB について延長サポートの提供が発表されたのでご紹介します。

Cloud SQL の延長サポート

開発者コミュニティでサポートが終了した Cloud SQL のメジャーバージョンの MySQL/PostgreSQL に対して Google Cloud で拡張サポートを提供します。延長サポートではCloud SQL に対する以下のものが含まれます。

  • セキュリティ修正 : 重大なセキュリティバグに対するパッチ
  • バグ修正 : Cloud SQL で管理されているコードのバグの解決
  • サービスレベルアグリーメント(SLA)の対象 : SLA に記載されている基準を満たすインスタンスに対するエディション固有の範囲
  • 新しいインスタンスの作成をサポート : 延長サポートのメジャーバージョンを使用する Cloud SQL インスタンスを作成する機能

延長サポートの期間と対象

Cloud SQL for MySQL と Cloud SQL for PostgreSQL のメジャーバージョンが EOL に至った場合 Cloud SQL は延長サポートを提供します。延長サポートは3年間提供され、この期間で通常サポート対象のメジャーバージョンへアップグレードする計画、テスト、実行ができます。

Cloud SQL for MySQL

メジャーバージョン マイナーバージョン 通常サポート開始日 延長サポート開始日 廃止日 MySQL 自体の延長サポート終了1
MySQL 8.0
(デフォルト)
8.0.36
8.0.35
8.0.34
8.0.33
8.0.32
8.0.31 (デフォルト)
8.0.30
8.0.29 (非推奨)
8.0.28
8.0.27
8.0.26
8.0.18
2020年8月30日 2026年7月1日 2029年7月1日 2026年4月
MySQL 5.7 5.7.44 2016年8月1日 2025年2月1日 2028年2月1日 2023年10月
MySQL 5.6 5.6.51 2016年8月1日 2025年2月1日 2028年2月1日 2021年2月

Cloud SQL for PostgreSQL

メジャーバージョン マイナーバージョン 通常サポート開始日 延長サポート開始日 廃止日 PostgreSQL 自体のサポート終了2
PostgreSQL 15
(デフォルト)
15.5 2023年5月24日 2028年2月1日 2031年2月1日 2027年11月11日
PostgreSQL 14 14.10 2021年11月11日 2027年2月1日 2030年2月1日 2026年11月12日
PostgreSQL 13 13.13 2020年11月5日 2026年2月1日 2029年2月1日 2025年11月13日
PostgreSQL 12 12.17 2020年5月21日 2025年2月1日 2028年2月1日 2024年11月14日
PostgreSQL 11 11.22 2019年9月27日 2025年2月1日 2028年2月1日 2023年11月9日
PostgreSQL 10 10.23 2020年3月27日 2025年2月1日 2028年2月1日 2022年11月10日
PostgreSQL 9.6 9.6.24 2018年4月1日 2025年2月1日 2028年2月1日 2021年11月11日

延長サポートの料金

延長サポートは有料サービスです。インスタンスは自動的に登録されますが、通常サポートの対象となるメジャーバージョンにアップグレードすると、いつでもオプトアウトできます。

延長サポートの料金の詳細はまだ公開されていません。今後 Cloud SQL の料金ページで公開される予定です。

終了予定

特定のメジャーバージョンの延長サポートが終了すると、Cloud SQL ではそのメジャーバージョンは非推奨となります。非推奨となったメジャーバージョンを実行しているインスタンスは、デフォルトのメジャーバージョンとマイナーバージョンへ自動的にアップグレードします。非推奨となる12ヶ月前までにプロジェクトオーナーへ通知されます。

Cloud SQL for MySQL と Cloud SQL for PostgreSQL のメジャーバージョンの場合は、延長サポートの 2 年目の終了時に非推奨の通知を受け取ります。

さいごに

Cloud SQL は他社メガクラウドでは提供を終了している DB エンジン側のサポートが終了したバージョン、例えば PostgreSQL 9.6 や MySQL 5.6 も利用できていました。いつまで提供が継続されるか不明でありましたが、延長サポートのポリシーがはっきりして今後のアップグレード計画を立てやすくなったと言えると思います。

延長サポートが 3 年間提供されますが追加の料金が発生するので、そのまま塩漬けにするのではなく計画性を持ってバージョンアップを行いましょう。

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.