Gather.Town:2022年10月発表の大量改善・不具合改修内容をテーマ別に見ていく(デスクの大幅アップデート編)

2022.12.02

先日(2022年10月下旬)、Gather.Townから「Gatherを使用してチームを成功に導くために、私たちが行った改善点を以下に示します」という形で大量の不具合修正/改善点をまとめたブログが公開されました。

トピック・テーマの数だけでも10以上、それぞれの個別内容で換算すると116と非常に多いものになっています。

そこで当エントリを皮切りに、大小様々な改善がどのような形でなされているのか、順を追ってみていきたいと思います。

テーマも数が多いので1エントリ1テーマで紹介していく形を取る形とし、当エントリでは「デスクの大幅アップデート(Getting Ready For a Big Update to Desks)」について見ていきます。

Gather.Town大量アップデート紹介(デスクの大幅アップデート)

Gather.Townでは、要素の組み合わせで『仮想オフィス』を自作出来ます

今回のタイトルは『デスク(机)』に関する内容となっています。Gather.Townのドキュメントとしては以下ページで、机を含めた『オフィス全般(で用いるようなオブジェクト』の紹介が為されています。

マップを作成する際は、オフィスでレイアウトされているものを同じような感覚でオブジェクトを組み合わせていく事で、実在世界さながらのオフィスを作り上げていくことが可能です。(下記エントリでは過去実際に利用していたオフィスをイメージした部屋を再現しています)

机を作成する際のTips

  • 机を一列または4つを単位(島)として配置するとそれっぽくなります。
  • 机の色はそれぞれ指定可能です。チーム毎に色を変えてみるというのも良いでしょう。
  • 机には様々な『飾り』を配置することが出来ます。
  • 机や椅子の周りにはプライベートエリアを配置して、他の人が近くにいても邪魔をする(される)事無く、自分だけ(または周囲の範囲内に入った人達とだけ)会話が出来るような仕組みを設けましょう。この辺り詳細については下記エントリも合わせて御参照ください。
  • 物理的なオフィス同様、リモートワークの際にはGatherにログインしたまま、そのブラウザも開いたまま仕事を進めるようなスタイルを奨励してください。

指摘事項一覧

当エントリで紹介している『デスクの大幅アップデート』については現在テスト中とのことで、それまでは一時的に簡素なスタイルとなっているようです。暫定的(?)な対応は以下。テストが完了し、正式リリースが来るのを期待しておきましょう!

  • 40.デスク パネルが下部のナビゲーション バーに重ならなくなりました。
  • 41.デスク パネルに「閉じる」ボタンが追加され、他のタブとの一貫性が保たれます (デスクやプロファイルの編集が完了したら閉じることができます)。
  • 42.デスクの説明のテキストが正しく折り返されるようになりました。
  • 43.デスクをロックおよびロック解除しても、チャットが中断されなくなりました。
  • 44.歩いてデスクに向かうことに関連する古いコードを使用していました。 その機能は現在、新しい機能で更新されています。

まとめ

という訳で、Gather.Town:2022年10月発表の大量改善・不具合改修内容(デスクの大幅アップデート編)の内容紹介でした。

Gather.Townも日々アップデートを繰り返し、どんどん便利になってきています。ポイントを押さえてユーザー間のコミュニケーションを更に良いものにしていきたいですね。