Gather.Town:2022年10月発表の大量改善・不具合改修内容をテーマ別に見ていく(その他)

2022.12.03

先日(2022年10月下旬)、Gather.Townから「Gatherを使用してチームを成功に導くために、私たちが行った改善点を以下に示します」という形で大量の不具合修正/改善点をまとめたブログが公開されました。

トピック・テーマの数だけでも10以上、それぞれの個別内容で換算すると116と非常に多いものになっています。

そこで当エントリを皮切りに、大小様々な改善がどのような形でなされているのか、順を追ってみていきたいと思います。

テーマも数が多いので1エントリ1テーマで紹介していく形を取る形とし、当エントリではこれまでトピック毎に紹介してきたもの以外の「その他トピック」について見ていきます。

Gather.Town大量アップデート紹介(その他)

UIアップデート

Gather.Townのユーザー体験を高める要素として欠かせないUI関連のアップデートが細かい部分で色々と改善されています。

62.マップ ビューボタンを更新、よりマップらしくなった。
63.ビデオと会議ビューの背景のコントラストを向上。
64.スペースに参加時のローディング バーのコントラストを向上。
65.「Check Your Hair」画面は、縦に小さいウィンドウの方がよく見えるように調整。
66.「Check Your Hair」画面のレイアウトを更新。
67.誰かを見つけるとき、パスの色が一貫させるように対応。
68.誰かを見つけたときの、ランダムな黄色のシンボル表示を調整。
69.スクロール バーのスタイルが更新。アプリ全体で同じように見えるようにした
70.ビデオをオンにすると、ボタンがすぐに緑色に変わるので、クリックしたことがわかるようになった
71.「Leave Space」ツールチップ テキストを、ボタン アイコンの上に右揃えに調整
72.モーダルの角の半径を統一。
73.設定モーダルのサイズを大きく調整
74.動画のアウトラインを変更
75.アプリ ホームページの [サインアウト] ドロップダウンを右揃えに調整。
76.Gather アプリのホームページの読み込みページを改善。
77.カレンダー パネルのボタンのホバー状態を修正。
78.オーディオ/ビデオ設定のショートカットのタイプミスを修正。
79.ローディング画面のアニメーションの誤字を修正。
80.スペースへの招待の送信に失敗したときに表示されるエラー メッセージのタイプミスを修正。
81.AV ボタンが最初にロードされるとき、(無効として表示するのではなく) ロード状態を追加。
82.設定モーダルと「イベント作成」ポップアップのZオーダーを修正。

不具合修正

既知の不具合と思しきものに関してもこのタイミングで情報が共有されています。

84.参加者パネルが、誰かがいるエリアを更新しないことがあった件について修正。
85.誰かが最後にアクティブだった時間を示す数値が正しく計算されていない状況があった件について修正。
86.ルーム名ではなくルーム ID を表示していたいくつかの UI 要素を修正。
87.アカウントを削除して Gather に再度ログインしようとすると、スタックしてプラットフォームを使用できなくなることがあった件について対応。
88.サウンドが別の出力デバイス (または単に間違ったデバイス) に送られることがあった件について対応。
これにより、Gather からのすべてのサウンドが選択したデバイスを通過するはず。
89.「Alt + Tab」を押しても、おやすみモードが停止しなくなるように対応。
90.新しいステータスを入力した後に「Enter」を押すと、ポップアップが閉じるように対応。
91.アクション付きのモーダルでは、Enter キーを押して送信することもできるように対応。
92. スペースの読み込みに失敗した場合に表示されるエラーメッセージを改善。
93. [オフライン メンバー] を展開しても、参加者パネルの番号が移動しないように対応。
94. スペース容量通知を送信するとき、25 ユーザーの無料スペースと 25 ユーザーの有料スペースを正しく区別するように対応。
95. ビデオローダーが以前にはなかったいくつかの状況で回転を停止する必要がある件について対応。
96. SFX ボリュームの調整について、キャラクターを動かさなくても更新されるように対応。
97.スペースを右クリックすると、ユーザー名などの他のラベルの上にオプションが表示される件について対応。

削除

オフィスを整理整頓するために、Gather アプリに表示されていた「意味をなさないもの」について幾つか削除されています。

98.古い「スペース通知」設定を削除。
99.余分なスペースを占めていた「編集エリア」モデルから余分なテキストを削除。
100.古い「ループにとどまりたいですか?」を削除。
101. Spaces のメイン メニューから [ベータ版フィードバックの送信] を削除。
何かを送信したい場合は、代わりにそのメニューの [問題を報告] オプションを使用してください。
102.スペースを離れたときに表示される古いアンケート。
103.「Gather体験をどのように評価しますか?」という古いアンケートを削除。
104.オフィス以外のスペースで表示される古いチュートリアルを削除。

Gather開発チーム自体の改善

最後はGater.Townを開発しているチーム自体の改善対応に関する言及。これらの更新内容は私達ユーザーがアクセスするGatherスペースにに直接影響を与えるものではありませんが、今後のGatherにおけるサポート、パフォーマンス、アセット提供に役立つことでしょう。

105.以前まではエンジニアの助けを借りてスペース テンプレートを管理することしかできなかった状態を改善。
すべての管理者、特にアートチームと地図チームのアクセス性が向上、新しいテンプレートを簡単に反復できるようになった。
106.アート チームは、管理ダッシュボードにアニメーション オブジェクト テンプレートをアップロードできるようになった。
107.ステージングオフィスでオブジェクトテンプレートをキャッシュしなくなるように対応。
アート チームが新しいオブジェクトをより迅速に反復するのに寄与。
108.内部管理ツールでは、新しいテンプレートをより迅速にテストできるように、オブジェクト テンプレートに必要なフィールドの数を減らした。
109.カスタム x、y オフセット、タイムアウト時間など、対話型オブジェクトのツールチップをさらにカスタマイズできるようにした。
110.ステージングオフィスにバグがあり、[その他のアイテム] ボタンが表示されるべきではないときに表示されていた件について対応。
111.項目が 1 つしかない場合、そのボタンは表示しないように対応
112.アプリのコンポーネントがより効率的に読み込まれるように、時間をかけて取り組んだ。
113.一部のテスト方法の安定性を改善。
114.現在、新しいマップとアバターのスタイルをテスト中。
それらを一致させるために、アバターを特定のスペースに制限出来るように対応。
115.アバターが衣服/アクセサリーをサポートしていないスペースにいる場合、装備を外すように対応。
116.すべてのアバターの実験のため、私たち自身のオフィスのキャラクターカスタマイズモーダルのレイアウトにいくつかの壊れたスペースが残っていたものを対応。
117.以前は、社内管理ツールに終了日などのサブスクリプション フィールドを含める必要があり、チームが作業をやり直さなければならないことがあった。これは現在対応中

まとめ

という訳で、Gather.Town:2022年10月発表の大量改善・不具合改修内容(その他)の内容紹介でした。

都合9本のエントリに渡って紹介してきたGather.Townの大規模アップデート内容、いかがでしたでしょうか。サービスとしてもより一層使いやすくなった事を実感する内容だったと思います。引き続き、リモートワークにおける相互コミュニケーションツール・サービスとしてGatherは積極的に活用していきたいですね。