Alteryx DesignerでGoogle BigQueryのデータを読み込む

2021.03.10

こんにちは。
データアナリティクス事業本部ソリューション部のshoです。

セルフサービス分析ツールであるAlteryx Designerでは、ファイルだけでなく、データベースからもデータを読み込み、書き込みをすることが可能です。
今回は、BigQueryのデータを読み込む方法についてご紹介していきたいと思います。

BigQueryからデータを読み込む方法は2種類あります。

ここからは、各種手順についてみていきたいと思います。

BigQueryのデータをAlteryx Designerで読み込もう

データ入力ツールからODBC接続を使用する

データ入出力カテゴリにあるデータ入力ツールは、ファイルやデータベースからデータを抽出することが可能です。

データ入力ツールをキャンバスに配置し、設定ウィンドウの“ファイルまたはデータベースを接続”より、データソースタブを選択します。

データソースの一覧より、汎用接続の“ODBC接続”をクリックします。

ODBC接続の一覧より、BigQueryに接続可能なデータソースを選択し、“OK”をクリックします。
※BigQueryのODBCドライバーをインストールし、ODBCデータソースアドミニストレーターにて、接続情報を保存しておく必要があります。

対象のデータベースへの接続が成功すると、テーブル、クエリのエディタ画面が起動します。
ビジュアルクエリビルダなどを使用して、抽出する対象のテーブル、および項目を指定し、“OK”をクリックします。

これにて設定が完了しました。

Google BigQuery入力ツールを使用する

Alteryx GalleryからダウンロードしたGoogle BigQuery入力ツールは、BigQueryからデータを抽出する際に使用する専用のコネクターになります。

インストール後、コネクタカテゴリにあるGoogle BigQuery入力ツールをキャンバスに配置します。
設定ウィンドウにてまずは、認証モードを指定します。
認証モードは以下の2種類のいずれかを使用します。

  • サービス間:Googleサービスアカウントファイルをダウンロードし、適用するパターン
  • エンドユーザー:クライアントID・クライアントシークレットを入力するパターン

認証モードの設定が完了後、まずは対象のプロジェクトを選択します。

今回は、カスタムクエリを使用してデータを抽出するため“カスタムクエリを使用”にチェックを入れます。

選択後、BigQueryテーブル入力設定が可能となるため、クエリするプロジェクトを選択し、クエリを入力します。

その他、データ項目の最大フィールド長やワークフローでデータを抽出する前後に実施したいクエリがある場合は、設定が可能です。

これにて設定は完了となります。

まとめ

今回は、BigQueryのデータをAlteryx Designerで読み込む方法についてご紹介しました。
Google BigQueryのデータをAlteryx Designerで分析したい際のお役に立てれば嬉しいです。