EC2でKali Linuxを起動するときにSSM Agentをインストールする方法

Kali LinuxをSSM Agentが入った状態で起動させる方法をまとめました。
2021.07.07

こんにちは、臼田です。

みなさん、AWSを楽しく使っていますか?(挨拶

今回はEC2でKali Linuxを利用するときにSSM Agentを入れておく方法をまとめました。

概要

いろんな思いでEC2でKali Linuxを起動したい時があります。でもKali LinuxにはSSM Agentが入っていないため、すぐにSession Managerでアクセスできません。

というわけでUser-Dataを利用してセットアップします。

やってみた

事前にEC2にアタッチするためのIAM Roleを作成しておきます。ポリシーは以下をつけておきます。

SSM Agentをインストールするためのコマンドは以下を参考にしました。

Debian サーバーインスタンスに SSM エージェントを手動でインストールする - AWS Systems Manager

EC2を立てていきます。kaliで検索をしてAMIを選択します。

IAM Roleで事前に用意したものを選択します。

ユーザーデータで以下を入力します。(東京リージョン以外はurlのリージョン部分を変更してください)

#!/bin/bash
wget https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/amazon-ssm-ap-northeast-1/latest/debian_amd64/amazon-ssm-agent.deb
dpkg -i amazon-ssm-agent.deb

後は適当に起動したら、Session Managerでアクセスできます。デフォルトではkaliユーザーで上がってこないのでsudo su - kaliを実行することで見慣れたシェルに変わります。

まとめ

Kali LinuxにSSM Agentをインストールしました。起動するときにサクッとできるので是非活用してください。