DialogflowとSlackを統合してみた

2018.07.02

Dialogflowを触る機会があったので 今回はDialogflowとSlackの統合方法についてご紹介します。 Dialogflowは自然言語処理(NLP)を使用しボイスアプリやチャットボットのような 対話型インターフェースを構築できるサービスです。

Dialogflowについては(こちら)をご参照ください。

前提

  • DialogflowでAgentは作成済み
  • Slackチームは作成済み

やってみた

Dialogflow Consoleにログインしているところからはじめます。

[Integrations] から、Slackを選択します。

画像

統合方法についての手順がでてきます。

画像

Create a new Slack app. をクリックして、Slack API コンソールへいきます。

[App Name][Development Slack Workspace] を指定して Create App をクリックします。

画像

Bot users セクションから、Add a Bot User をクリックします。

  • [Display name] を指定する
  • [Default username] を指定する
  • [Always Show My Bot as Online]On にする
  • Add Bot User をクリック

画像

Event Subscriptions セクションから [Enable Events]Onにし、 Subscribe to Bot Events[Add Bot User Event] message.im を追加し保存します。

画像

Basic Information セクションから、 Client IDClient SecretVerification Tokenをコピーします。

画像

Dialogflowのコンソールに戻り、アプリケーション認証情報を入力して、START をクリックします。

画像

次に、OAuth URLと、Events Request URLをコピーし、Slack API コンソールへ戻ります。

画像

OAuth&Permissions セクションから [Redirect URL(s)] で、[Add a new Redirect URL] をクリックしてOAuth URLを貼り付けます。 [Save URLs] で保存します。

画像

Event Subscriptions セクションから [Request URL]Events Request URLを貼り付けて [Save Changes] で保存します。

画像

Manage Distribution セクションから [Add to Slack] をクリックします。

画像

Authorize をクリックし、Bot connection success と表示されたら設定完了です。

画像

Slackにログインし確認すると、Apps に先ほど作成したSlack アプリケーションが追加されています。

これでDialogflowとSlackの統合が完了しました。

画像

まとめ

DialogflowをSlackで使う機会がありましたのでDialogflowとSlackの統合方法についてご紹介しました。

参考URL

Dialogflow Docs| Slack