[iOS 10] 時計デザインが黒くなった

デザイナーの たなか ゆきこ です。

今回は iOS 10 で黒背景に変更になった「時計」について記載していきます。

なんで黒いのかの考察

アラームをみるのは、「いつ」という時間とその時間の環境を考慮してリデザインされたと思われます。

電気を消してから、アラームをセット忘れたという利用シーンを想像すれば、黒背景で文字が傾向だとみやすいですね。

ios10designclock01

ベッドタイム

円グラフを、指でなぞるというスタイルが気持ちいいです。 デザインコンセプトの「心地よさを優先する」をここに感じます。雑になぞっていても5分刻みに動きます。

就寝時間を1分単位で決めるユーザーは、なかなかいないのではないでしょうか。

10分単位にしてしまうと、グラフが進む幅が広がりすぎてスムーズさにかけるのかも。というような考察ができますね。

ios10designclock02

 

余談:アラームの繰り返しで選ぶ曜日によって文言が変わる

iOS 10 になる前からなのですが、選択する曜日により文言が変わります。

一週間全て選択で「毎日」

一日だけ選択すると「毎●曜日」

「土日」だけを選択すると、「週末」

「月火水木金」で、「平日」

細かいですが、よくできているなと思います。

ios10designclock03

ストップウォッチ

画面が数字とアナログ表示でデザインされてます。 個人的には、瞬間で確認する場合は、数字よりも、角度をみて判断するほうがわかりやすいので選べるのはいいなと思います。

ios10designclock04

まとめ

公式でこの色を採用したということは、シーンでのデザイン変更ができるというヒントでもあり、時間軸での利用シーンの考慮もデザイナーの仕事の定番といわれたということでもあるかなと思います。

時間軸でのデザインというか。環境を考えるのもデザインには大切な要素だなと改めて認識できました。