[iOS] Xcode 12 + iOS 14の環境でiOS 13以前と同様のスタイルのUIDatePickerを表示する

本記事では、Xcode 12 + iOS 14の環境でiOS 13以前と同様のスタイルのUIDatePickerを表示する方法を紹介します。
2020.10.05

はじめに

こんばんは。CX事業本部の平屋です。

本記事では、Xcode 12 + iOS 14の環境でiOS 13以前と同様のスタイルのUIDatePickerを表示する方法を紹介します。

検証環境

  • macOS Mojave 10.15.6
  • Xcode Version 12.0.1 (12A7300)

Xcode 12 + iOS 14の環境でのデフォルト表示

UIDatePickerを画面中央に配置し、Xcode 12 + iOS 14の環境で動かすと、以下のような表示になります。かなり見た目が変わりましたね。(Xcode 11以前 + iOS 14の場合は古い見た目になるようです)

日付・時刻部分をタップすると、以下のような画面がモーダルで表示され、日付や時刻を選択できます。

iOS 13以前と同様のスタイルで表示する方法

iOS 13以前と同様のスタイルで表示するには、スタイルとしてwheelsを指定します。

インターフェイスビルダーで指定

インターフェイスビルダーの場合、右側のインスペクタで指定できます。

コードで指定

コードの場合は以下のように指定できます。

if #available(iOS 13.4, *) {
    datePicker.preferredDatePickerStyle = .wheels
}

修正結果

スタイルとしてwheelsを指定すると、以下の表示になります。

さいごに

本記事では、Xcode 12 + iOS 14の環境でiOS 13以前と同様のスタイルのUIDatePickerを表示する方法を紹介しました。Xcode 12に対応する作業をされている方の参考になれば幸いです。