[iOS] ビルドに使用したXcodeのバージョンをipaファイルの内容から判断する

本記事では、ビルドに使用したXcodeのバージョンをipaファイルの内容から判断する方法を紹介します。
2021.03.09

はじめに

CX事業本部の平屋です。

過去に作成したipaファイルに関して、ビルドに使用したXcodeのバージョンを知りたいということがあり、調べてみたらipaファイルの内容からバージョンを判断できるようでした。本記事では、その方法を紹介します。

検証環境

  • macOS Catalina 10.15.6
  • Xcode Version 12.4

ビルドに使用したXcodeのバージョンを判断する

Finderで以下の操作を行いアプリファイルを表示します。

  • 対象のipaファイルの拡張子をipaからzipに変更する
    • 例: App.ipaApp.zipに変更する
  • zipファイルを解凍する
    • 例: App.zipを解凍する
  • Payloadというフォルダが展開され、その中にアプリファイルがある

そして、アプリファイルの中にあるInfo.plistファイルをXcodeで開きます。

  • アプリファイルを右クリックし、Show Package Contentsを選ぶ
  • アプリファイルの中身が表示されるので、その中にあるInfo.plistファイルをXcodeで開く

Info.plist内のビルドに使用したXcodeのバージョンに関する項目は以下の通りです。

  • DTXcode: Xcodeのバージョン
  • DTXcodeBuild: Xcodeのビルド番号

DTXcodeに関しては、バージョンが12.4の場合は1240という値になり、DTXcodeBuildの値はビルド番号そのままになるようです。(例:12D4e)

さいごに

本記事では、ビルドに使用したXcodeのバージョンをipaファイルの内容から判断する方法を紹介しました。同じようなことをしようとしている方の参考になれば幸いです。

参考資料