Amazon Lightsail でドメイン登録が出来るようになりました

2022.11.11

いわさです。

これまで Amazon Lightsail では Lightsail DNS という Lightsail 版 DNS サービスが提供されていましたが、ドメインの購入・登録は出来ず、別途ドメインを調達の上 Lightsail DNS の NS レコードを登録する必要がありました。

今回のアップデートで、Lightsail コンソールからドメインを購入することが出来るようになりました。

先に料金を確認

ドメイン購入ですから料金周りの仕様を先に確認しておきたいところ。
本日時点で Lightsail の料金ページにはドメイン購入に関する料金の案内はありませんでした。

ただし、以下の公式ドキュメントでは料金について少し言及されています。

Amazon Lightsail でのドメイン登録の価格

ライトセイルはドメイン登録に Route 53 を使用します。そのため、Route 53 の料金は Lightsail の登録にも適用されます。
ドメイン登録の費用については、Amazon Route 53 開発者ガイドの「Amazon Route 53 に登録できるドメイン」を参照してください。

なるほど。実態としては Route 53 でのドメイン登録となるようです。
のちほどの検証結果でも確認できますが、従来の Lightsail リソースとは異なり、 Lightsail ドメインは対象アカウントの Route 53 コンソールからも購入済みドメインとして確認することが出来ます。

そうなるとドメイン登録費用は以下となりますね。

また、プロモーションクレジット等が利用出来ない点も同様と考えて良いと思います。

税金およびプロモーションクレジット
上記の金額には、別途記載がある場合を除いて、税金や手数料などは含まれていません。Amazon Route 53 のドメイン名登録に関するいかなる料金または課金にも、プロモーションクレジットをご利用いただくことはできません。プロモーションクレジットの使用に関する詳細については、こちらをクリックしてください。

ドメイン登録する

では実際に登録の流れを確認してみましょう。

Lightsail コンソールの DNS タブが「ドメインとDNS」タブになっており、こちらのタブで従来の DNS ゾーン作成に加えてドメイン登録も出来るようになっています。

登録の流れとしてはドメイン名の入力、使用可能か確認、登録情報の入力、という普通の流れなのですが、Lightsail コンソールから登録した場合はそのまま Lightsail DNS を自動構成し、ネームサーバーの設定まで行ってくれます。

まずはドメインを指定し、使用可否を確認しましょう。

実態は Route 53 ドメインなので利用料金や有効なドメインは Route 53 で有効なドメインと同一です。

有効なドメインを指定出来たら購入期間を指定します。その後自動で利用料金が計算されます。

オプションでドメインの自動更新を有効/無効を指定出来ます。デフォルトは有効です。

次に登録者情報を入力します。
管理者・テクニカルは別の情報を入力することも出来ますが、登録者と同じ情報を使うことも可能です。デフォルトは「登録者と同じ」が選択されています。

プライバシー保護機能もドメイン料金内に含まれており利用可能です。デフォルトは有効になっています。
また、先程少し触れましたが Lightsail DNS が自動で作成されます。こちらの料金もドメイン料金に含まれているとのことです。

ここまで入力して最後に登録契約に同意すると登録処理が開始されます。

ADMIN.STATE is not required for Japan エラー

登録者情報を全て入力して登録したところ次のエラーが発生しました。

[ADMIN.STATE is not required for Japan, and should not be set, OWNER.STATE is not required for Japan, and should not be set, TECH.STATE is not required for Japan, and should not be set, BILL.STATE is not required for Japan, and should not be set]

どうやら State (都道府県) を設定しないようにしてくれとのこと。
先程の登録者情報の入力欄で都道府県のみブランクにしたところ正常に登録が進行しました。

メールアドレス検証が必要

ここまででドメイン登録保留の状態となります。
いくつかのステップを経て検証作業を実施して登録処理が完了します。私が確認した際は 10 ~ 15 分程度の待ち時間が発生しました。

まず、登録情報として入力したメールアドレスへ検証のメールが送信されますのでそちらを承認します。

件名 : Verify your email address for hoge-iwasa.net.
本文 :

Dear AWS customer, You must verify your email address or your hoge-iwasa.net domain will be suspended on November 24, 2022. If your domain is suspended, it will be unavailable on the Internet.

Click the following link to verify your email address: https://www.verify-whois.com/?k=hogehogehoge If you use this link, we won't need to ask you for a password.

Why is this required? ICANN, the organization that manages the domain name system, requires registrants of domains to verify their contact information after registering, transferring, or updating registration data for a domain.

Regards, Amazon Route 53

メール本文に検証用の URL が埋め込まれているのでアクセスします。

メールアドレスが検証された内容のメールアドレスが送信されます。
ただし、このあとも少しの間は登録中の状態です。

件名 : Your email address was verified for Amazon Route 53 domain registration.
本文 :

Dear AWS customer,

Your email address iwasa.takahito@classmethod.jp has been successfully verified for domain registration. No further action is required on your part.

Regards, Amazon Route 53

その後 10 分ほど経過したのち、登録完了のメールが届きました。
ここまでで合計 3 通のメールが届きます。

件名 : Registration of hoge-iwasa.net succeeded
本文 :

Dear AWS customer,

We successfully registered the hoge-iwasa.net domain. We also created a hosted zone for the domain.

Your next step is to add records to the hosted zone. These records contain information about how to route traffic for your domain and any subdomains. To learn how to add records to your hosted zone, see Working with Records.

If you did not request this change, contact Amazon Web Services Customer Support immediately.

Regards, Amazon Route 53

これで、Route 53 コンソール上も「登録済みドメイン」一覧に表示されるようになりました。

Lightsail コンソール上でも「登録済みドメイン」になっていますね。
さらに、同じ名前で Lightsail DNS ゾーンも自動作成されています。

登録した Lightsail ドメインのネームサーバー情報を見てみると自動作成された Lightsail DNS を指すように構成されていました。
すぐに Lightsail インスタンスなどを登録して使い始めることが出来ますね。

さいごに

本日は Amazon Lightsail でドメイン登録が出来るようになったので試してみました。

これまでの Lightsail リソースはマルチテナントな AWS マネージドなアカウントにリソースが作成され、それを Lightsail コンソールから利用させてもらうようなイメージだったので DNS や インスタンス、ロードバランサーを通常の AWS リソースとしてコンソールから利用することは出来ませんでした。(インスタンスのスナップショットから対象アカウントに EC2 として復元は可能)
今回の Lightsail ドメインは登録対象アカウントの Route 53 が使われているので Route 53 コンソールから操作も出来る状態でした。

別でドメインを調達した場合と比較すると、Lightsail DNS との自動構成機能があるので Lightsail のみ利用されている方はまずは Lightsail コンソールからドメイン購入いただくとひと手間省けそうというところでしょうか。