gitとは?よく使うコマンドをまとめてみました。

2021.07.12

こんにちは。イムチェジョンです。 最近、研修の時gitを使っています。 gitはITの勉強を始めてからずっと使っているんですけど、いつもコマンドを忘れてしまって使うたびに新しい気分で始まる感じです、、笑、、 もちろん、検索してみるとすぐ思い出すんですけど、検索しなくても早速使えるように今回に私がよく使うgitのコマンドをまとめたいと思います!

アジェンダ

  1. gitとは?
  2. よく使うgitのコマンド
  3. まとめ

1. gitとは?

  • バージョン管理システム
  • ソースコードを効果的に管理できるようにしてくれる無料公開ソフトウェア
  • ソースコードをやり取りする必要なく、同じファイルを複数の人が同時に開発できるようにしてくれるソフトウェア

2. よく使うgitのコマンド

新しい環境で使う時

ローカルgitの環境の設定

$ git config --global user.name "(使用者のID)"
$ git config --global user.email "(使用者のメール)"

ローカルマシンにリポジトリを新規に作成し、プッシュする方法

$ mkdir (ローカルリポジトリ名)
$ cd (ローカルリポジトリ名)
$ git init
$ touch README.txt
$ git add README.txt
$ git commit -m 'first commit'
$ git branch -M main
$ git remote add origin (リモートリポジトリのアドレス)
$ git push -u origin main

ローカルマシンの既存のリポジトリをプッシュする方法

$ cd (ローカルリポジトリ名)
$ git remote add origin (リモートリポジトリのアドレス)
$ git branch -M main
$ git push -u origin main

pullからpushまでの使い方

gitを使う前はいつもpullをしましょう。

$ git pull

ファイルの修正が終わったら、addをします。

$ git add .
$ git add (ファイル名)

addしたのをcommit

$ git commit -m "コメント"

リモートリポジトリにpush

$ git push

commitの確認

commitのlogを確認

$ git log

commitのlogをグラフで確認できる

$ git log --graph

commitのlogを簡単に確認する

git log --oneline

branchを生成及び変更

ローカルのbranchの生成してリモートbranchも生成

$ git checkout (branch名)
$ git push origin (branch名)

branchの切り替え

$ git checkout (branch名)

branchの一覧

$ git branch
$ git branch -a

リモートbranchの削除2つ

git branch -d (branch名)
git push origin (branch名)
$ git push origin --delete (branch名)

merge

mergeするbranchで行って、mergeされるbranch名をコメンドに入力する

git merge --no-ff (合わせるbranch名)

commitを間違えた時

ローカルでcommitを取り返しする方法 ^を使うと一個前のcommitを取り返す Nは取り返すcommitの数

$ git reset --hard HEAD^
$ git reset --hard HEAD~N

pushするとリモートでcommitを取り返すことができる。

git push -f origin master

ファイル削除したい時

ローカルとリモートリポジトリファイルの削除

$ git rm (fileName)

リモートリポジトリファイルのみ削除

$ git rm --cached (fileName)

3. まとめ

今回は私がよく使うgitのコマンドをまとめました。これで忘れてもすぐ使えると思います!