[レポート]BEACON Opening Keynote (Nick Caldwell part) #BeADataBEACON

We are Data Nerd
2020.05.22

奈良県でリモートワークしている玉井です。

関西圏の緊急事態宣言は解除されましたが、そもそも元からリモートワークがメインだったので、これといってオフィスに出社する理由がありません。

で、2020年5月現在、コロナ禍の影響で、IT系のカンファレンスイベント等が、続々とウェビナー化しています。

そして、Looker社が主催しているBEACONというイベントも例外ではありません。元々はリアルイベントの予定だったそうですが、新型コロナウィルス問題を受けて、オンラインイベントになりました。奈良県の片田舎から世界最先端のテクノロジーの話がきけるとは、すごい時代になりましたね。

今回の記事では、BEACONのオープニング基調講演をレポートします。登壇者はLooker社のChief Product OfficerのNick Caldwell氏です。

レポート

はじめに

私はNick Caldwellです。LookerのCPOやってます。(このイベントは)元々は世界38都市での対面型のイベントの予定でしたが、私たちはそれをデジタル版に変更しました。BEACONの起源と目的はシンプルです。私たちは、成長を続けるグローバルなデータコミュニティとつながり、アイデアを共有し、私たちが学んでいることや観察していることを共有したいと考えています。そして、あなたの世界で何が起こっているのかを聞き、学ぶ機会を得ようとしています。

BEACONのミッションステートメントは、みなさん「データジャーニー」の方向性を明確にすることであり、データランドスケープの理解を深め、ウェイポイントを特定し、データの力を発見するためのワンストップの機会を提供します。

あなたは、組織全体で異なるデータリーダーのペルソナのためのコンテンツの3つのエキサイティングなトラックを得ることができます。

1つ目は、データリーダーのためのデジタルトランスフォーメーションによるデータモダナイゼーションです。このトラックは、情報の価値を最大限に引き出したい、従来のレガシーなアプローチを超越したベストプラクティスやテクノロジーを必要としている企業のためのものです。

2つ目のトラックは、プロダクトリーダーシップのための、データ製品を通じた収益の拡大です。このトラックでは、データを収益化するための効果的で実績のある方法として、データ分析をプロダクトに組み込むことについて説明します。

最後に、3つ目のトラックは、データアナリストの人材を強化することです。これは、キュレーションされたデータエクスペリエンスを用いて、新しい方法でコラボレーションし、コミュニケーションを図るように努力する、現代のビジネスチームのためのものです。

Google Cloudグループ入りについて

あなたは、私たちが新しいロゴになっていることに気づいたかもしれません。昨年6月、LookerはGoogle Cloudに買収されることを発表しました。Lookerのミッションステートメントである「データのスマートな利用を通じて人々に力を与える」は、Googleのミッションステートメントである「世界の情報を整理し、普遍的にアクセス可能で有用なものにする」と見事に一致しており、LookerとGoogleはマルチクラウドへの投資に取り組んでいます。

本題の前に

始める前に、今日の(プレゼンの)目標を確認しておきたいと思います。

第一に、組織内におけるデータの価値は、もはや議論の余地がないことを理解していただきたいと思います。誰もがそれを必要としており、誰もがデータを使ってより良い仕事ができる可能性を秘めているのです。次に、このプレゼンテーションでは、データの大きな可能性を秘めた瞬間に、どのようにしてたどり着いたのか、3つの傾向を明らかにし、探求していきたいと思います。最後に、データリーダーである皆さんには、肩書きに関係なく、組織内でこれまで以上に大きな影響力を発揮できる可能性があることを理解していただきたいと思います。このような理由から、今日のセミナーに参加していただき、知識を身につけ、組織のデータリーダーとして成長し、データコミュニティとのつながりを深めていただきたいと思います。

それでは、プレゼンテーションの本題に入りましょう。今日はLookerの成功に貢献している3つのトレンドについてお話したいと思います。データの専門家がその可能性を最大限に発揮するためには、すべてのデータの専門家が知っておくべきだと考えていることと、その傾向をご紹介します。

トレンドその1

第一の傾向は、誰もがデータを必要としているということです。

組織の誰もがその恩恵を受けることができます。なぜそうなるのでしょう。IDCのホワイトペーパーDataAge 2025の統計を見てみましょう。

これは爆発的な成長ですが、なぜこのようなことが起きているのか、何がこの需要を牽引しているのかを考えてみてください。この需要を牽引しているのは、データに飢えた労働者の到来です。

ちょっと考えてみてください。今日では、10年前には存在しなかった多くの職種が存在しています。その職種は、組織全体のデータを理解して提供するために働くことを目的としています。10年前には、データが重要であり、変革をもたらす可能性があることを幹部やCIOに説得しなければならなかったでしょう。それが今では、役職名全体がデータを中心としたものになるのが当たり前になり、デジタルマーケターは、より効果的にデータを管理することができるようになり、プロダクトマネージャーは、より効果的に利用状況を把握し、開発や拡大のための時間をどこに投資するかを知ることができるようになりました。

…にもかかわらず、組織全体でデータに対する需要が高まっているにもかかわらず、66%の企業がいまだにBIやアナリティクスの大部分にスプレッドシートを使用していることは驚くべきことではないでしょうか。そして「これが組織内の人々にリーチするための最良の方法なのか?」と(私達は)自問自答しなければなりません

トレンドその2

市場は答えを持っています。これ(データの爆発的な成長)は、SaaSのビジネスアプリケーションとコンシューマーアプリケーションが実際に爆発的に成長していることを示しています。それがデータ量の大規模な成長の原動力となっていますし、データを使って人々に力を与える新しい方法を生み出しています。そこで(みなさんに)質問させてください(下記スライド)。

今日はGmail、Googleカレンダー、Gチャット、Googleスライドなどを使いました。また、サービスの健全性を監視するために複数のアプリケーションを使用しました。顧客のCRMデータを収集する複数のSaaSアプリケーションも調べたし、マーケティングファネルを理解するためのアプリケーションも調べました。一日の終わりには、おそらく20以上のSaaSアプリケーションを使用していることでしょう。そして、これらのアプリはそれぞれデータを生成し、私にデータを与え、私にアップデートを与えてくれています。これは決して終わることのないサイクルであり、どんどん成長しています。これを聞いて驚くかもしれません。なんと平均的な企業では1000以上のSaaSアプリケーションを使用しており、その数は年々増加しています。なぜこのように増加しているのかというと、ほとんどのSaaSアプリケーションは1つの仕事、または専門的な仕事をこなすことを目的として設計されているからです。データを活用した製品は、データやインサイトにアクセスする際のユーザーの摩擦を減らし、データを活用した作業を、より良いものにすることを目的としています。あなたがデジタルマーケターであれば、Google AdsやSalesforceは信じられないほど人気のあるCRMシステムではないでしょうか。これらのアプリケーションはそれぞれ、基本的にはデータの上に構築された素晴らしいエクスペリエンスです。

これについて考えるもう一つの方法は、Lookersの創設者であるLloyd Tabb氏は、何年にもわたって次のような信念を持っていたということです。彼は、データへのアクセスや、データを使用するワークフローを、より簡単に、より簡単に体験できるようにすることを目標に、いくつかの会社で働き、そして起業しました。これらのSaaSアプリケーションは、同じ信念を踏襲しており、組織の誰もが仕事をこなせるように、データにもっとアクセスできるようにしようとしています。しかし、その一方で以下のような課題も抱えています。

すべての部門が特殊なSaaSアプリケーションを取得するとき、それは営業チームがもっと良いターゲット顧客に他のアプリケーションと組み合わせてSalesforceを使用することを意味します。その部門のデータの「島」は、マーケティングはMarketoのGoogle Ads製品と一緒に行くつもりですが、同様にアプリケーションの独自のコンステレーションを使用するつもりです。

ここでの課題は、現在、各部門が独自のデータの「島」を持っており、潜在的に組織全体で共有すべき重要なビジネス指標に対する異なる理解と異なる視点を持ってしまっているということです。なぜなら、ビジネスインテリジェンスの基本的な価値は、データを接続することで、より価値のあるものになるという共通の信念を持っているからです。そして、接続されたデータによって、ビジネスがどのように機能しているかをもっとよく理解し、より全体的な視点で見ることができるからです。今、この問題は解決するのが難しくなる一方です。

IDCによると、2018年から2023年の間に5億の新しいビジネスアプリケーションが作成されます。だから、データを整理するのは難しいと考えているならば、この問題は悪化する一方で、そのスピードはどんどん増していくでしょう。

そこで問題なのは、どうするかということです。何かを変えなければならないと思います。

Forresterによると、構造化データの80%以上が分析されていないとのことです。これは非常に残念なことです。そして、それは時間の経過とともに洞察力を失い、接続されたデータの恩恵を受ける機会を失っていることを意味しています。

しかし、幸いなことに、希望はあります。

トレントその3

第3のトレンドは、データインフラがここ数年で急速に進化したことです。データエンジニアリングへの現代的なアプローチは、達成可能なアナリティクスとインサイトのレベルを本当に向上させるように急速に変化しています。

この変化に関連した3つの柱があります。

1つ目は、最新のクラウドデータベースです。BigQueryやSnowflake、あるいはAmazon Athenaなどがありますが、これらはより大きく、より速く、より安価なデータベースで、膨大な量のデータを保存し、低価格で高いパフォーマンスでクエリを実行できます。この分野で起きているもう一つのトレンドは、データベース自体がよりスマートになってきていることです。

2つ目として、最新のクラウドデータウェアハウスにデータを保存している場合、データマートを管理するための新しいアプローチを使用することを考えることができます。このアプローチはELTと呼ばれ、データエコシステムの管理をよりシンプルに、より柔軟に、より反復的にするものです。このアプローチを使用すると、データの抽出を使用し、リアルタイムでデータにアクセスすることができるようになり、行レベルの詳細と更新がもっとシンプル、もっと直感的になります。

Lookerは、セマンティックモデルを使用して企業のデータ資産を定義し、LookMLと呼ばれる技術を使用してセマンティックモデリングを行うという考え方です。この技術の素晴らしいところは、10人から数百人のデータエンジニアが同じセマンティックレイヤーで一緒に作業することができる、非常にコラボレーション性の高い技術であるということです。これにより、孤独なヒーローとは対照的なデータチームの実現が可能となります。これらのデータエンジニアリングの進歩は、私たちの世界を、そしてデータの専門家としての私たちの生活を変えようとしています。より多くのデータをクラウドに持ち込み、より速く、より簡単に、さまざまなタイプのデータを簡単にデプロイできるようにし、データエンジニアとしてのあなたの力を、より大規模な共同作業ができるようにしてくれています。

これらのクラウドデータウェアハウステクノロジーがどのように迅速に採用されているのか、その一端をご紹介したいと思います。

これは、さまざまなデータベーステクノロジーの成長を顧客全体で見たものです。PostgresやMySQLのような古典的なデータベースフォーマットのいくつかは、まだ多くのユーザーが使用していますが、Athena、Snowflake、BigQueryは3桁の成長率を出しており、好調に推移しています。私はギャンブラーではありませんが、もし私が賭けをするとしたら、あなたがBEACONに参加する動機の一部になるでしょう。あなたの会社がクラウドデータベースへの投資をしているか、検討しているということです。ガートナー社によると、3年以内に、存在するすべてのデータベースの75%がクラウドでホスティングされるようになるとのことですが、その理由は、クラウドの爆発的な成長の主な理由ではないにしても、今日の規模でデータを管理し、活用する能力にあります。

これら3つのトレンドを念頭に置いて、今日のデータの成功とはどのようなものかを説明して、このセクションを締めくくりたいと思います。

第一に、データは完全でなければならず、データプラットフォームが提供しているデータとインサイトに対する信頼性が必要です。何千ものワークブックの中に、合意されたビジネスロジックがほとんどないために、データを信頼していない企業とミーティングを交えたことは数え切れないほどあります

第二に、データはほぼリアルタイムでなければなりません。最新のデータベースは、リアルタイムアクセスを可能にし、現実のものにすることができます。ホリデーショッピングシーズン中にリアルタイムでデジタル広告費と戦略の最適化を始めることができれば、小売企業にどのような価値があるか考えてみてください。これは、リアルタイムデータでできることの一例に過ぎません。

第三に、データは分析と運用の両方をもって扱わなければなりません。つまり、インサイトは行動につながる可能性を持つべきであり、現代のビジネスユーザーはデータを理解し、それを使って仕事に役立てたいと考えています。そして、最終的にはダッシュボードのデータやインサイトだけではなく、他のシステムや機械にデータを供給し、人々がビジネスで実際の仕事をするのを助けることができるようにしなければならないということです。

これがどのように機能するか、いくつかの例を見てみましょう。

最初の例は、アトランタに拠点を置く、プロスペクティングとカスタマーエンゲージメントのプラットフォームであるSalesLoftです。彼らのカスタマーサクセスチームは、プライベートプロダクトの使用状況を監視し、潜在的な問題を早期に特定するためにヘルススコアを確立していました。しかし、この情報は手動で調べ、問題を検出するためには手動で監視しなければなりませんでしたが、彼らはその「手動システム」を、Lookerを使用して構築された自動化されたシステムに置き換え、Lookerといくつかのカスタムコードの組み合わせを使用して、顧客のヘルススコアが、確立されたベンチマークを下回ったときに、アラートが自動的にカスタマーサクセス管理者に通知され、その後、彼らのエンゲージメントプラットフォーム内でメールを生成します。これにより、タイムリーなコミュニケーションの関連性とインパクトが向上し、最終的には、より良い顧客体験と結果を生み出すことができます。その結果、最初の4ヶ月間だけで120万ドルのIRRを確保することができました。この例にはグラフやダッシュボードがありませんが、非常にデータドリブンでインパクトのあるものになっていることに注目してください。

もう一つの例は、オーストラリアのカーシェアリング会社であるCar Next Doorです。Car Next Doorのチームは、多くの予想される方法でLookerから価値を得ていましたが、マーケティングをより速く最適化することで、効率的な製品開発をサポートしました。

Lookerの最大の利点の中には、天候と同様、予想外のものもありました。オーストラリアの一部が危険な雹に見舞われたとき。多くの車やカーネクストドアのシェアリングサービスが被害を受けました。その結果、サービスを停止した車両の損害による高額な保険料や修理費の損失につながり、多くの新たな潜在的なビジネスリスクが明らかになりました。Car Next Doorチームは、将来のダウンタイムと損失を減らし、顧客との優れたコミュニケーションと経験を継続的に確保するため、また、不測の気象イベントに備えるために、Lookerプラットフォームを使用したソリューションを迅速に開発・展開しました。 Lookerの地理空間機能は、天候イベントに関連付けられている車や場所を識別し(いくつかの他の技術セグメントとの組み合わせて)取り込みます。それは、ドライバーに潜在的な危険についてのアラートを送信し、安全な場所への移動を支援し、車両や財産の損失や損傷を防ぐことができます。Car Next Doorは、リスクのある車やドライバーを特定し、サービスの信頼性を向上させ、顧客体験を向上させることができるようになりました。

最後の事例は、営業職の誰もが関係することになります。SlackにはMidas Touchという製品があります。Slack社が解決したい課題は、営業担当者が毎週何時間もかけてカスタムのスライドデッキを作成していたことです。彼らは、BIツールのコンテンツをGoogleスライドにコピペして、これらのデッキを構築していました。この作業は反復的なエラーが発生しやすいです。これは自動化するべき作業の筆頭候補です。

自動化の中核として、Slack、Salesforce、Looker、Googleスライドの間の統合ツールとしてMidas Touchツールを構想されていました。Midas Touchでは、Salesforce内の顧客を検索するために、Lookerからのデータを元に、事前に作成されたカスタムスライドのセットをリクエストすることができ、すべての作業を滞りなく行うことができます。これにより、営業担当者は1つのコマンドで顧客ごとにパーソナライズされたレポートを作成することができます。営業担当者は会議の度にヒーローに見えるようになります。

私はこの事例が本当に好きです。複数の部署からデータを集めて、どのようにしてすべての顧客の体験を大規模に増幅させることができるかについての素晴らしい話です。

これらの例をお楽しみいただけましたでしょうか。今お話した3つのトレンドはすべて収束しており、新しい企業や既存の企業がさまざまな種類のデータ体験を活用し、構築するための多くの素晴らしい機会を生み出しています。

データリーダーが指揮を執る

データリーダーには様々な職種があります。CTO、アナリティクスのトップ、BIアナリストのVP、データエンジニア…肩書はさておき、(データリーダーは)今までにはないように、私生活や仕事にデータを取り入れなければならない人たちです。現代のビジネスの視点から見ると、これらの企業をリードしていく人たち、そしてこの人たちが未来に向かっていく人たちなのです。つまり、本質的にはデータリーダーシップはビジネスリーダーシップなのです。そこで、このFORRESTERの名言(下記スライド)を皆さんと共有したいと思います。

「インサイト主導の企業は、デジタルインサイトを戦略的に、そして規模的に活用して、成長を促進し、差別化された体験を製品やサービスに生み出すことができます」。さて、この引用について何か興味深いことに気づきましたか?アナリティクスやビジネスインテリジェンスという言葉はどこにもありません。データとは、単に分析したり、チャートやグラフを見てビジネスインテリジェンスになったりするものではないという考え方です。実際には、データ、データ製品、より良い体験を介して、従業員やユーザーをスマートにし、オペレーションを最適化し、新たな収益の流れを促進するために、日常のビジネスプロセスや製品に浸透させることができるものなのです。そこで、従来のBIを拡張して現代に持ち込もうという話になります。データドリブン体験の時代です

ここでは、データリーダーのプレイブックの中から、今日から始められるプレイをいくつか紹介しましょう。

1つ目は、最新のデータテクノロジーを検討することです。投資と機能を最大限に活用していますか?そのインサイトは信頼できるものであり、ほぼリアルタイムで行われていますか?データリーダーは、データテクノロジーの展望を理解するための最前線に立つことが不可欠です。最低限、現状を維持し、イノベーションを起こして新しいソリューションを市場に投入することが必要です。若い組織であれば、すでにデジタルとクラウドのネイティブ化が進んでいる可能性が高いでしょう。老舗企業であれば、どこかでデジタルトランスフォーメーションを開始する必要があるでしょう。そこで、部署、チーム、または特定のプロジェクトを選択して、技術と人材の導入を開始しましょう。また、反復的な学習プロセスを開始するためには、すべてのサイズに当てはまるアプローチはありません。すべての組織の企業および地理学は異なっています。ローマは一日にして成らず。

2つ目は、データを使った新しい体験を考えてみましょう。どのようにしたら、可能な限り多くの障壁を下げ、期待を超えた素晴らしい体験をユーザーに提供することができるのでしょうか。Lookerの創業者は、「優れたソフトウェアとは共感の行為である」という指針を持っています。だから、あなたの従業員や顧客がいる場所で、信頼できるデータを、あなたのユーザーがすでに信頼しているツールの中に持ち込んでください。

3つ目は、あなたのための新しい役割を考えてみてください。しかし、この会話の中心にいるデータリーダーは、多くの点で組織の新しいCEOであり、彼らは手のひらの上に世界を持っています。デジタルトランスフォーメーションを行う組織のほぼすべての領域は、何らかの形でデータによって、あるいは少なくともデータに触れています。意思決定をデータに頼っているのは管理職だけではありません。偉大なデータリーダーとは、技術的な問題を解決することに情熱を持っているだけでなく、日常的に働く人々のために問題を解決することにも情熱を持っているのです。「優れたソフトウェアとは、共感する行為である」ことを忘れないでください

今日の組織は、データを労働力や顧客の手に渡すことで、データからアイデアや製品の価値を生み出すために、熱狂的にリーダーを採用し、彼らのデータ担当者に目を向けています。私たちはこれを目の当たりにしています。データリーダーは、私たちの時代のビジネスリーダーであり、未来のヒーローなのです。

そして、それが意味するのは「データヲタク」が勝利したということです。

データヲタクが勝利した

データは、時計を見ながらでも、ソファに座ったままでも、私たちの日常生活の多くの瞬間に浸透しています。このようなデータが浸透した経験は、データリーダーのエンジニアやアナリストだけでなく、データに夢中なプロダクトマーケティング、セールス…「顧客志向のデータヲタク」によってももたらされます。そして、データに精通した人々が、組織や顧客のために価値を創造しているからこそ、急速にキャリアを伸ばしているのだという彼ら自身の経験を見てきました。ほんの数年前まではデータアナリストだった人たちが、今では組織の中でビジネスリーダーになっています。今日、目の前にある一見無限に見えるチャンスを、あなたの会社のためにも、あなた自身のキャリアのためにも、認識してほしいと思います。データはこれまで以上に価値があります。データに飢えた労働力と顧客基盤からのデータへの需要、増加するSaaSアプリケーションによって作成されるデータの増加、データインフラストラクチャの進化は、ほんの一握りの年前には夢であった新たな可能性を生み出し続けています。

最後に

(私は)「データトライブ」の新しいメンバーを求めて学び続けてくださいとお願いしました。これがあなたをBEACONに連れてきた理由です。あなたは、会社の道を切り開き、あなた自身のキャリアを前進させているのです。次のセッションで学んだ内容が、新しいアイデアや行動につながることを願っています。あなたのデータプロジェクトや抱負を話し合うために、Lookerのメンバーと関わってみてください。Lookerを成功させた理由、そして私がここで働くことを楽しんでいる理由は、テクノロジーではなく、その背後にいる人々です。テクノロジーも素晴らしいですが、それをさらに特別なものにしているのは人なのです。そして、技術だけがサクセスストーリーの唯一の要因であることは稀であり、その旅の道中では信じられないようなことをしている人々で満たされています。

今日、最も成功している組織は、成功への意欲の中心にデータを置いています。私たちは、その成功に向けて、あなた自身のデータの旅の中で小さな場所を獲得したいと考えています。

ありがとうございました。

感想など

SaaSが増えてきているのは私も感じていて、それに伴いデータ量も爆発的に増えるってのは非常にわかります。SaaSはユーザーが自分たちで管理していないので、データを引っ張り出すのも一苦労です。だから、Fivetran等のデータパイプラインツールがたくさん出てきているのでしょうか。

この後、今度はLooker社のメンバーとLookerユーザーによるパネルディスカッションがあったのですが、かなり長いので、気が向いたら記事にします…。