[小ネタ]M5StackシリーズのUSBドライバーについて調べてみた

購入したばかりのM5Stackシリーズ本体をPCに接続しようとして、USBドライバーの選択に迷いましたので調べてみました。
2021.07.07

はじめに

データアナリティクス事業本部の藤川です。
購入したばかりのM5Stackを使おうとして、ちょっとハマってしまいました。
M5Stackシリーズ本体をPC(Windows/macOS/Linux)にUSB接続する際に、PC側にUSBドライバーをインストールしなければならないのですが、USBドライバーが複数あるのです!知らなかったぁ。orz

M5GO、M5Paper、M5Stack Core2を所有しているので、新たにドライバーを入れる必要はないだろうと考えていました。いつものように、購入したばかりのM5Stack ATOM Lite(以下、ATOM Lite)をPCにUSB接続したのですが、認識されず...。
公式サイトにも、ATOM Liteの場合は、どのUSBドライバーをインストールする必要があるという記載は見つけられませんでした。

という訳で、調べてみました。

M5StackシリーズのUSBドライバー

M5StackシリーズのUSBドライバーは、公式サイトからダウンロードできます。公式サイトでは、次の3種類のUSBドライバーが提供されています。(記事執筆時点)

  • CP210x or CP2104
  • FTDI driver
  • SR9900

USBドライバー

記事執筆時点における現行製品について調べてみました。

COREシリーズを始めとする多くの製品では、USBチップにCP210x or CP2104が採用されています。
一部製品の製品紹介ページには、USB Drive problemsというタイトルで注意書きがありました。本文には、

UnitV/M5StickV/M5StickC/ATOMは、一部のシステムでドライバーなしでは機能しない場合がある。
FTDI driverをインストールして、この問題を解決できる。

とあります。

USBドライバー シリーズ/製品名
CP210x or CP2104 COREシリーズ: M5Core2, Core2 for AWS, BASIC, GRAY, FIRE, M5GO
STICKシリーズ: M5StickT2
ATOMシリーズ: ATOM ECHO
E-PAPERシリーズ: CoreInk, M5Paper, M5Paper v1.1
FTDI driver STICKシリーズ: M5StickC PLUS, M5StickC
ATOMシリーズ: ATOM Lite, ATOM Matrix
SR9900 UNITシリーズ: UnitV

さいごに

これを言ってしまうと元も子もありませんが、M5Stackのヘビーユーザーは3種類ともUSBドライバーをインストールしておくのが良さそうです...。