#reInvent 54名のMA-1軍団でラスベガスに着陸しました ~AWS re:Invent ジャケット製作記~

AWS re:Inventのクラメソ参加ユニフォームとして、オリジナルのMA-1ジャケットを製作しました!現地で声かけられる機会が多く、本当に嬉しいです。作って良かった〜!!!
2022.11.29

みなさんこんにちは、たいがーです!

ついに始まったAWS re:Invent 2022。今年はクラスメソッドから54名が日本から参加しています。

今年もユニフォームとして、re:Inventに参加するメンバーが着用するジャケットを製作しました!

今回のジャケットは…MA-1!

今回のために弊社デザイナーがジャケットの背面デザイン、刺繍ワッペンを一からデザインしています。

このブログでは、このジャケットの企画から完成に至るまでを書いていきたいと思います。

ジャケット製作記

今年のジャケットプロジェクトは8/2から始動、8/29に私も参画しました。

私にとって、今回が初めてのジャケット製作でした。

まずはジャケット選定

まずは、ジャケットサンプルの取り寄せ。こちらは、マーケティングコミュニケーション部のメンバーが対応してくださいました。いつも頼りになる…ありがとうございます!

サンプルで製品の作りや厚みを確認し、採用に至るかを検討します。

ラスベガスのあるネバダ州は乾燥した砂漠性気候。 寒暖差が激しく、朝晩が冷え込むと思いきや、昼は暑い。年によっても違いはありますが、その寒さにも耐えうるジャケットであることが確認できました。(逆に暑い可能性もありますが、その時は中を薄着にしてもらおう…ということに。)

デザインの決定

今回のジャケットを作るにあたって、アピールしたい点はこちらでした。

  • AWSが好きであること
  • クラスメソッド社員であること
  • クラウドなどの技術好きな集団であること

上記のものに合わせ、ラスベガスではアップデートや新機能に関するブログもたくさん書くぞ!という意気込みを持って向かうので、「BLOG IT!」という言葉はどこかに入れたい。そして、これらをジャケットのプリントと刺繍ワッペンで表現したい。という気持ちが製作チームにはありました。

ただ、製作する上での懸念点がいくつかありました。

  • 製作にかかる予算やスケジュール
  • ワッペンの接着種類の選定
  • ナイロン生地のジャケットにワッペンが付くのか
  • ワッペン業者の選定

製作にかかる予算やスケジュール

予算やスケジュールにおいて、刺繍ワッペンの製作は可能なのかという点から検討しました。刺繍ワッペンのサンプルまで作る余裕はなさそうですが、予算面でもスケジュール面でも進めて大丈夫だと分かり、製作を進めていきました。

ワッペンの接着種類の選定

また、刺繍ワッペンにはいくつか接着するための方法があります。

  • マジックテープで接着するタイプ
  • アイロンで接着するタイプ
  • ピンで接着するタイプ

それぞれ企業によって、価格も可否も異なります。どのタイプで製作するのかも含めて検討する必要がありました。

re:Inventという人数の多い会場でぶつかった時に無くす可能性がなく、穴が開かないということを考えると、やはりアイロンタイプが良いのではないかということになりました。

ナイロン生地のジャケットにワッペンが付くのか

アイロンワッペンで製作するとして、そもそもナイロン生地のジャケットにアイロンワッペンがつくのか、ジャケットは溶けないのかを検証すべく、実験を行いました。実験の結果、思ったよりも接着しやすかったため、アイロンワッペンで進めることになりました。

ただ、検証時に利用したワッペンがアイロンの中温で接着するものであり、今回製作したワッペンが高温で接着するものだったため外れやすかったのは、今回の反省点かなと思います。

ワッペン業者の選定

オリジナルのワッペンを製作できる企業は、本当にたくさんあります。

ざっとあげただけでも10社以上あり、それぞれ納期、製作可能サイズ、納品数、価格を表でまとめ、比較しました。

そんな様々な検討を重ねた上で出来上がったデザインが、こちらになります!!!

かっこいいですよね〜!!デザイン画上がってきた時に、思わず声が出ました。笑

デザインを作成いただいたのちに発注し、その3週間後にオフィスへ合計100着のジャケット、500個のワッペン、100本のリボンの全てが届きました。

総務の方と連携し、全国のメンバーへ郵送

ここからは郵送作業です。

事前に参加メンバーに郵送先、サイズのヒアリングをGoogle Formで行いました。

それぞれ製作したワッペンを一つずつ、ジャケット一緒に封入いただき、総務の方に郵送手続きをしていただきました。今回の参加メンバーには海外オフィスのメンバーもいるため、海外への配送も含め、合計約70ヶ所に郵送いただきました。本当にご対応ありがとうございました!

クラスメソッド社員は赤リボンと星ワッペンが付いています

クラスメソッドの社員は左腕に赤いリボン、左胸に資格数だけの星ワッペンをつけています。(クラスメソッドからプレゼントでお渡ししている方もいるのですが、その方々にはリボン・星ワッペンがついていません!現地で間違ってお声がけしないようにしてくださいね。)

星のワッペンは大きいものが資格数5つ、小さいものが資格数1を表しています。つまり12冠の方は大きい星が2つと小さい星が2つ付いています。AWSのプロフェッショナルであればあるほど、星がたくさんついているのだなと覚えてください!

ぜひ現地でこのジャケットを見かけたら、声をかけてくださいね!

本当に作ってよかった

初めてクラスメソッド社員としてジャケットを着用し海外カンファレンスであるAWS re:Inventに参加していますが、本当に国内外からとても好評でした。

"かっこいいジャケットだね!フライトで見た時からいいなと思ってたよ!"と海外の方からもお声がけいただいたり、メンバーからも"どこで売ってるの?"と聞かれました!と聞いて、本当に嬉しかったです。

今回製作に関われて本当に良かったな、現地参加して本当に良かったなと感じています。まだまだ始まったばかりのAWS re:Invent、まだまだ楽しんでいきたいと思います!

以上、たいがーでした🐯