re:Invent 2020でMedia & Entertainmentなセッション情報をざっくりまとめてみた [Week 2] #reinvent

re:Invent 2020、第2週目のMedia & Entertainmentなセッション情報を公式ブログの情報をもとにしてまとめてみます。
2020.12.08

はじめに

清水です。はじまりましたre:Invent 2020、Week 2!第2週目もたくさんの新サービスが出ることが期待されます。そして新たなセッションも開催されますね。本エントリではAWS Media Blogでポストされた以下のエントリを元にしながら、Week 2のMedia & Entertainmentなセッション情報をまとめてみたいと思います。

なお、セッション日時(再配信日時含む)については正確な記載を心がけたつもりですが、書き間違いなどもあるかもしれません。re:Invent 2020公式ページでも日時をご確認の上、カレンダーなどにも登録してお楽しみください。右上のSearch窓からセッションIDを入力することでセッションの検索が行えます。またセッション情報については、上記AWS Media Blog記載の内容をGoogle翻訳で日本語に変換したものを記載しています。

2020/12/12 21:00 JST オンデマンド視聴へのリンクを追加しました。

Week 2のMedia & Entertainmentなセッション

Virtual workstations for content creation with G4 instances

セッション情報

AWSの仮想ワークステーションを使用すると、スタジオ、部門、フリーランサーは、より大きなプロジェクトに取り組み、どこからでも作業でき、必要な分だけ支払うことができます。 仮想ワークステーションは、リモートチームがより効率的に作業し、クリエイティブな制作を前進させ続けることを可能にするクラウドソリューションを求めるクリエイティブな専門家にとって不可欠になっています。 このセッションでは、AWS上の仮想ワークステーションがどのように機能し、誰が今日それらを使用しているか、および開始方法を学びます。

BlueJeans’ explosive growth journey with AWS during the pandemic

セッション情報

グローバルビデオプロバイダーであるBlueJeans(Verizonの会社)は、在宅勤務の従業員、遠隔医療に移行する医療提供者、遠隔教育に移行する教育者をサポートしています。 現在、非常に多くの人々が自宅で仕事をしているため、BlueJeansは、COVID-19のパンデミックが始まって以来、トラフィックが爆発的に増加しました。 わずか2週間で、その使用量はCOVID-19以前の平均を300%上回りました。 このセッションでは、BlueJeansのAWSでの旅と、パンデミック時のコストを節約しながら運用を拡張するために必要なアーキテクチャについて説明します。

Deliver viewing experiences for super fans with Amazon Personalize

メディアおよびエンターテインメント業界でパーソナライズへのMLベースのアプローチを実装することは難しい場合がありますが、ビデオの消費やサブスクリプションの増加など、大きなメリットが見られる企業です。 このセッションでは、Amazonでの長年のML経験に基づいて構築された事前トレーニング済みのMLモデルを使用して、AmazonPersonalizeがMLを利用したレコメンデーションエンジンをWebサイトに追加する方法を学びます。

Intentionally failing in production at Amazon Prime Video

Amazonプライムビデオが2019年に英国プレミアリーグの準備と報告を行った旅に参加してください。チームが本番システム(はい、本番システム!)で障害シナリオを作成した方法を学びましょう。 イベントに先立ち、チームはドレスリハーサルで10,000人近くのホストに失敗しました。 それは組織を急速に熟練させ、チームにいくつかの素晴らしい学習の機会を与えた経験でした。 チームがどのようにホストを終了し、レイテンシーを注入し、依存関係にエラーを作成したかを学びます。 このセッションで共有される戦略とアプローチは、広く適用できます。

Digital transformation: Attributes of a 21st-century agile organization

このセッションでは、CXO、CIO-1、および基幹業務のリーダーレベルでのデジタルトランスフォーメーションについて説明します。 このセッションでは、Netflix、Allianz、Live Nation、Coca-Cola、Capital Oneなどの企業との変革の旅を通じて得られた経験を参照し、AWSクラウドのメリットを完全に把握するのに役立つメンタルモデルとビジネス運用モデルの変革の変化に焦点を当てます。

Trust and transparency in live virtual events

このセッションでは、Amazon Interactive Video Service、Amazon Chime、Amazon QLDB、Amazon Managed Blockchainを使用して、インタラクティブで信頼できる透過的なライブ仮想エクスペリエンスを構築し、リアルタイムのオーディエンスインタラクションの暗号化された不変で検証可能なレコードをキャプチャする方法を示します。

Untangling multi-account management with ConsoleMe

Netflixでは、クラウドインフラストラクチャセキュリティチームが数百のアカウントにわたるIAM権限を管理し、ユーザーのさまざまなAWSエクスペリエンスと調整します。 このセッションでは、この問題に安全に対処し、エンドユーザーが経験する不整合や遅延を減らし、マルチアカウント管理の負担を軽減するために開発されたNetflixツールConsoleMeについて説明します。 ConsoleMeは、Netflixクラウドリソースを単一のインターフェイスに表示することで、IAMアクセス許可管理を簡素化します。 マルチステップの動的なセルフサービスウィザードを提供します。このウィザードは、アクセス許可を決定し、リソースポリシーを自動的に生成し、Zelkovaを使用してリスクの低いアクセス許可要求をインテリジェントに適用します。 ConsoleMeはまた、アプリケーションAWS認証情報を仲介して、テストと開発のための短期間のIAM認証情報をユーザーに提供します。

Simplifying delivery as code with Spinnaker and Kubernetes

ソフトウェアの配信は、最初は簡単に思えるかもしれません。 ステップ1:コードを作成します。 ステップ2:アプリケーションをデプロイします。 ステップ3:終わり。 複雑さは、招かれざる、規模、テスト、監査、共有などを装ったプロセスに潜入することがよくあります。楽しくシンプルなワークフローは、オペレーターが隅々まで見る必要のある複雑なパイプラインにすぐに膨れ上がり、多くの場合、宣言型と直接対立します。 オペレーターが構築するのが大好きなインフラストラクチャプロセス。 このセッションでは、NetflixとAWSが、パイプラインとステージの必須の組み合わせから最終目標のより宣言的な説明に移行し、「楽しい」を「配信」に戻すというSpinnakerの次世代ビジョンに関するコラボレーションについて話し合います。1

Week 3は??

第3週目でもたくさんのセッションが予定されています。以下のブログエントリやAWS Media Blogをチェックしておきましょう。

まとめ

第1週目に引き続き、第2週目のMedia & Entertainmentなセッション情報を公式ブログの情報をもとにまとめてみました。そしてMedia & Entertainmentな新サービスの発表はあるのでしょうか!?こちらも楽しみに期待してみたいと思います。