[Microsoft Build 2020] Microsoft Build Cloud Skills Challenge に登録してスキルを磨きながら賞品獲得も狙ってみる

2020.05.20

こんにちは、Mr.Moです。

ついに今年のMicrosoft Build がスタートしましたね。今年はオンラインで無料で参加できるので私も機械学習あたりのセッションを中心にウォッチしております。セッション以外にも面白い企画が開催されているみたいで、その1つがMicrosoft Build Cloud Skills Challengeなるものです。

Microsoft Build Cloud Skills Challengeとは

image.png

チャレンジ期間中、2020 年 6 月 2 日までの間に Microsoft Learn のオンライン学習コレクションを完成させると、懸賞エントリーとボーナス賞品を獲得できます。登録すると懸賞エントリーが 1 つ、Microsoft Build Cloud スキルチャレンジ コレクションを完了するごとに懸賞エントリーが 5 つ追加されます。 また、完成したコレクションは、あなたのチームの合計にも加算されます。チャレンジ終了時までに最も多くのコレクションを完成させたチームには、各メンバーの獲得懸賞エントリー数の10倍(10倍)の賞品が与えられます。次点チームのメンバーには、エントリー数の3倍の賞金が与えられます。各チームの進捗状況は、Microsoft Build Cloud Skills Challenge のリーダーボードに表示されます。

Microsoft Learnという学習コンテンツが提供されていますね。こちらの学習モジュールのコレクションを完了させることで賞品を獲得するチャンスが手に入るようです。チーム戦の仕組みもあるようで熱い戦いが繰り広げられるのかもしれませんね。

なにはともあれ申し込み

前提としてMicrosoft Learnには登録しているものとします。Microsoft Learnについては下記の記事も参考にしてみてください。

下記のリンク先にMicrosoft Build Cloud Skills Challengeの申し込みフォームがあります。(Microsoft Buildへの登録は事前にお済ませください)

申し込みフォームに入力する

下記のような申し込みフォームがあるので必要事項を入力しRegisterボタンを押して登録します。

image.png

上記赤枠のusername部分はちょっとわかりにくいですが、下記のように自分のアカウントでMicrosoft Learnに入り、[Profile] -> [Settings]で移動すると番号が表示されてますのでそれがusernameのようです。

image.png

登録が完了すると登録完了画面が出ます、そこに対象のコレクションが表示されてますのでこちらを進めていけば良さそうです。

image.png

2020年6月2日までに、学習を開始し、仲間の参加者と競い合うことができます。まもなく、追加情報と学習を継続するための役立つリンクが記載された確認メールが届きます。 次のステップは?開始するには、以下の 5 つの Microsoft Build Cloud Skills Challenge Collection リンクのいずれかをクリックして、収集された学習モジュールにアクセスし、賞品を獲得したり、チームの合計に貢献したり、あなたの目的をサポートしたりするチャンスを獲得してください。コレクション モジュールを完了すると、プログレス バーに 100% が表示され、エントリーを獲得したことになります。

賞品について

下記の商品が用意されているようですね。Microsoft Learnを1コレクション完了すると参加者全員にマイクロソフト認定試験が無料で受けられるプレゼントがあるみたいで嬉しいですね。

大賞受賞者(1名)

Microsoft Storeのハードウェア、ソフトウェア、ゲーム、商品からお好きなものをお選びいただける「Ultimate Tech Package」(ARV)をプレゼントします(概算小売価格10,000ドル)。

1等賞受賞者(10名)

Surface Book 3 (13.5インチ、Intel Core i7、16GB、256GB、概算小売価格(ARV)1,999.99ドル)が贈られます。

2等賞受賞者(100名)

American ExpressまたはVisaデジタルギフトカード(概算小売価格(ARV)150.00米ドル)が贈られます。

参加賞(全員)

1コレクションをクリアした参加者全員には、チャレンジ終了時に無料のマイクロソフト認定試験がプレゼントされ、6月8日頃に電子メールで通知されます。対象の認定資格情報などは下記に情報が記載されているようです。

認定試験はオンラインでも受けられますね。詳細は下記の記事をご参照ください。

まとめ

(昨日登録しようとした時は申し込みフォームのCountryでJapanが選択肢に出てこなかった気がするので日本は対象外なのかと思ってました^^;申し込めて良かったです。)

Microsoft Build 2020のセッションも絶賛進行中ですのでお時間を見つけて下記のリンクから参加してみてはいかがでしょうか!