S3 Standardストレージクラスよりも最大10倍優れたパフォーマンスを提供する新たなストレージクラス「Amazon S3 Express One Zone」が発表されました

S3 Standardストレージクラスよりも最大10倍優れたパフォーマンスを提供する新たなストレージクラス「Amazon S3 Express One Zone」が発表されました

Clock Icon2023.11.28

re:Invent2023 Adam Selipsky のキーノートでS3の新たなストレージクラス「Amazon S3 Express One Zone」が発表されました

Amazon S3 Express One Zone

特徴

  • S3 Standardストレージクラスよりも最大10倍優れたパフォーマンスを提供するように設計されている
  • 一貫した1桁ミリ秒のレイテンシで毎秒数十万のリクエストを処理する
  • オブジェクトは単一のAWSアベイラビリティゾーン内の専用ハードウェア上に保存、複製される
  • リクエスト料金は S3 Standardストレージクラスよりも50%安い

ユースケース

Amazon S3 Express One Zoneストレージクラスは、コンピュートとストレージ間のレイテンシーが非常に低いため、データ集約型アプリケーションの実行時間を大幅に短縮します。これは、AI/MLトレーニング、金融モデリング、メディア処理など、大量のデータを処理するアプリケーションに特に有効です

S3 Standardよりも最大10倍速い

このストレージクラスは特に小さなオブジェクトに対して効果的で、小さなオブジェクトは大きなオブジェクトよりも低レイテンシから大きな恩恵を受け、S3 Standardと比べて最大10倍速く読み取ることができます。

料金(東京リージョン)

  • ストレージ料金 $0.18/GB
  • PUT, COPY, POST, LIST requests $0.0024/1,000 requests
    • 512KBを超えるPUTリクエストに対しては、$0.0075/GB の追加料金が発生
  • GET, SELECT, and all other requests $0.00019/1,000 requests
    • 512KBを超えるGETリクエストに対しては、$0.0014/GB の追加料金が発生

利用可能なリージョン

以下のリージョンで利用可能です

  • バージニア
  • オレゴン
  • 東京
  • ストックホルム

耐久性

AWSアベイラビリティゾーンの全体または一部が消失または損傷した場合、データを失う可能性がある点は注意が必要です。しかし、これらの事象を除けば、独立したディスクやホスト、ラックレベルの障害からデータを保護するために、リージョナルストレージクラスと同等のエンジニアリング設計が採用されており、99.999999999%(イレブンナイン)のデータ耐久性を実現していると説明されています。

SLA

Amazon S3 Express One Zoneは、99.95%の可用性と、99.9%の可用性SLAを提供するように設計されています

Amazon S3 Express One Zone の仕様

このストレージクラスを可能な限り効率的でスケーラブルなものにするために新しく以下の仕様が導入されています。

  • バケットタイプ
    • 新しい「ディレクトリバケット」は、このストレージクラスに特有
    • 毎秒数十万のリクエストをサポートする
    • 階層的な名前空間を持ち、オブジェクトのキー名をディレクトリのように格納する
    • パスの区切り文字は "/" でなければならず、ListObjectsV2に与える接頭辞はすべて区切り文字で終わっている必要がある
    • リスト操作は結果をソートせずに返すので、"start after" 検索はできません
  • 認証モデル
    • 新しいCreateSession関数は、特定のバケットへのアクセスを5分間許可するセッショントークンを返す
    • このトークンは、バケットやバケット内のオブジェクトを操作する他の S3 API 関数へのリクエストに含める必要があります(IAM 認証情報を必要とするCopyObject を除く)
    • AWS SDKの最新バージョンでは、セッションの作成は自動的に行われる。
  • バケットの命名規則
    • ディレクトリのバケット名は、AWSリージョン内で一意でなければならず、特殊な形式のサフィックスでアベイラビリティゾーンIDを指定しなければならない
    • AWS Blogsに公開されている例では以下のような命名規則です
    • ベースバケット名jbarrで、アベイラビリティゾーンuse1-az5 (バージニアリージョンのAZ5)に存在する場合、CreateBucketに指定する名前はjbarr--use1-az5--x-s3となる

その他

バケットは特定のアベイラビリティゾーン内に存在しますが、リージョン内の他のゾーンからアクセス可能であり、あるアベイラビリティゾーンの計算リソースから同じリージョン内の別のアベイラビリティゾーンのディレクトリバケットへのリクエストにデータ転送料金はかかりません

さいごに

Adam Selipsky のキーノート一発目のアップデートでした。まだまだキーノートは続きます!

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.