[速報] AWS Database Migration Service Studio が発表されました!(プレビュー) #reinvent

AWS DMSの新しいサービスコンソール「AWS Database Migration Service Studio」(DMS Studio)について紹介します。(現在プレビュー期間です)
2021.12.02

こんにちは!DA(データアナリティクス)事業本部 サービスソリューション部の大高です。

AWS re:Invent 2021にて「AWS Database Migration Service Fleet Advisor」が発表されましたが、それと同時に新しいサービスコンソール「AWS Database Migration Service Studio」(DMS Studio)も公開されました。(プレビュー)

こちらの新しいコンソールについて紹介していきたいと思います。

利用可能なリージョン

現在はプレビューとして「バージニア北部(us-east-1)」リージョンで利用することができます。

これまでのコンソールとの違いを見てみる

実際にこれまでのコンソールとどう違うのか見てみます。

こちらが現在のDMSのメニューです。

こちらが新しいDMS Studioのメニューです。

比較するとこのような感じですね。

追加されたメニュー

新しく発表された「Fleet Advisor」用のメニューとして「Data collectors」と「Inventory」が増えています。

また、「Schema conversion」については、いまままではコンソール画面からインストーラへのリンクはありませんでしたが、あたらしく解説ページとインストーラへのリンクが追加されてわかりやすくなっています。

廃止された?メニュー

以下のメニューの代替については、現時点では見つけることができませんでした。何か分かったら追記したいと思います。

  • 証明書
  • サブネットグループ
  • イベント
  • イベントサブスクリプション

DMS Studioの利用について

DMS Studioを利用したマイグレーションの流れについては、下記のドキュメントで解説がされています。

まとめ

以上、新しいサービスコンソール「AWS Database Migration Service Studio」(DMS Studio)の紹介でした。

新しいFleet Advisorが気になるのと、個人的には「Schema Conversion Tool」のダウンロードリンクが追加されているのが嬉しいポイントでした!

どなたかのお役に立てば幸いです。それでは!