【新インスタンスタイプ】t2.largeインスタンスが追加されました

EC2インスタンスに新しいインスタンスタイプ、t2.largeが追加されました!

t2インスタンスとは

t2インスタンスはCPU性能をバーストする機能を備えたタイプです。インスタンスサイズに応じたCPUクレジットを持っており、アイドル状態のときにCPUクレジットを蓄積し、CPUパワーが必要なときに蓄積したCPUクレジットを使って通常以上のCPU性能を発揮することができます。つまり「いつも高い性能が必要なわけじゃなく、一時的にCPUパワーが必要になる」ようなシステムでは、高いコストパフォーマンスを発揮するインスタンスタイプです。

t2インスタンスのラインナップ

t2.largeが追加されたことにより、t2インスタンスは以下のラインナップとなりました。

名前 vCPUs ベースライン性能 Platform RAM (GiB) 時間あたりのCPUクレジット 時間あたりの料金 (Linux) Price / Month (Linux)
t2.micro 1 10% 32-bit or 64-bit 1 6 $0.013 $9.50
t2.small 1 20% 32-bit or 64-bit 2 12 $0.026 $19.00
t2.medium 2 40% 32-bit or 64-bit 4 24 $0.052 $38.00
t2.large(new!) 2 60% 64-bit 8 36 $0.104 $76.00

「ベースライン性能」はIntel Xeon 2.5 GHz (3.3 GHz ターボブースト)のうち何%を使用することができるかを示します。t2.microであれば10%、t2.mediumであれば40%です。「時間あたりのCPUクレジット」は、それぞれのインスタンスタイプで1時間CPUを使わなかった場合に蓄積されるクレジットで、例えば t2.microで3時間CPUを使わなければ18クレジットが蓄積されます。そしてCPUパワーが必要なときにクレジットを消費して、10%以上の性能を発揮することが出来ます。

t2.largeインスタンスが追加されたことによるメリット

これまでt2インスタンスはmediumまでしかなかったため、メモリも4GiBが上限でした。このためそれ以上のメモリを必要とするようなシステムではm3インスタンスなどを使う必要がありました。しかしt2.largeインスタンスが用意されたことで、メモリ8GiBを必要とするシステムでもt2インスタンスのコストメリットが受けられるようになります!

t2.largeが使えるリージョンは?

北京以外の全てのリージョンで、すでに使えるようになっています!

EC2_Management_Console