「R6i」最新IntelCPUを搭載したメモリ最適化インスタンスがリリースされました

第3世代 Xeon Scalable Processors (Cooper Lake) を搭載する「R6i」がリリース。 最新世代のIntelプロセッサーを搭載するEC2として、「M6i」(汎用)、「C6i」(コンピュート最適化)、「M6i」(メモリ最適化)の選択が可能になりました。
2021.11.26

AWSチームのすずきです。

2021年11月22日、Intelの最新世代のプロセッサを搭載したメモリ最適化インスタンス「R6i」が、 バージニア、オレゴン、オハイオ、アイルランドのリージョンで利用可能になりました。

「R6i」インスタンスの起動を試す機会がありましたので、紹介させていただきます。

R6i の特徴

  • 第3世代の Intel Xeon スケーラブルプロセッサを搭載
  • 最大 128 vcpu/1024 Gib メモリ搭載の R6i.32xlarger6i.metal を提供
  • コストパフォーマンスは最大 15 %向上
  • EBS 帯域幅は最大 40 Gbps、ネットワーク帯域幅は最大 50 Gbps
  • メモリ帯域幅は最大 20 % 向上
  • Intel Total Memory Encryption 対応(メモリ暗号化)

バリエーション

Type vCPU数 Memory (GiB) ネットワーク帯域幅(Gbps) オンデマンド価格(USD)
r6i.large 2 16 Up to 12.5 0.126
r6i.xlarge 4 32 Up to 12.5 0.252
r6i.2xlarge 8 64 Up to 12.5 0.504
r6i.4xlarge 16 128 Up to 12.5 1.008
r6i.8xlarge 32 256 12.5 2.016
r6i.12xlarge 48 384 18.75 3.024
r6i.16xlarge 64 512 25 4.032
r6i.24xlarge 96 768 37.5 6.048
r6i.32xlarge 128 1024 50 8.064
r6i.metal 128 1024 50 8.064
  • 執筆時点のオレゴンリージョンの価格です。
  • 最新は公式ページを参照ください。

比較情報

R5

Type vCPU数 Memory (GiB) ネットワーク帯域幅(Gbps) オンデマンド価格(USD)
r5.large 2 16 Up to 10 0.126
r5.xlarge 4 32 Up to 10 0.252
r5.2xlarge 8 64 Up to 10 0.504
r5.4xlarge 16 128 Up to 10 1.008
r5.8xlarge 36 256 10 2.016
r5.12xlarge 48 384 12 3.024
r5.16xlarge 72 512 25 4.032
r5.24xlarge 96 768 25 6.048
r5.metal 96 768 25 6.048
  • large インスタンスでも 帯域幅は 10 Gbpsから、12.5Gbpsに増加しました。
  • 同一vCPU数の「R5」「R6i」、同価格の設定でした

オンデマンド料金

  • 最新世代の 「xlarge」(vCPU数4)インスタンスのオンデマンド料金の比較
Instance name オンデマンド価格(USD) vCPU Memory (GiB) ネットワーク帯域幅(Gbps) m6i価格比較
c6i.xlarge $0.17 4 8 Up to 12500 89.5%
m6i.xlarge $0.19 4 16 Up to 12500 -
r6i.xlarge $0.25 4 32 Up to 12500 131.6%

R6i、M6iと比較し、31%のコスト追加で2倍のメモリを利用できます。

スポット料金

  • 最新世代の 「xlarge」(vCPU数4)インスタンスのスポット料金の比較
Instance name スポット価格(USD) vCPU Memory (GiB) m6i価格比較
c6i.xlarge $0.0676 4 8 95.2%
m6i.xlarge $0.0710 4 16 -
r6i.xlarge $0.0744 4 32 104.8%

過去1ヶ月の最も廉価だったスポット価格では、R6i と M5iのコスト差は5%弱でした。

  • c6i.xlarge

  • m6i.xlarge

  • r6i.xlarge

利用可能リージョン

残念ながら初期リリースでは東京、大阪ともに利用できません。利用可能リージョンは以下のとおりです。

  • バージニア北部
  • オレゴン
  • オハイオ
  • アイルランド

起動してみた

今回は以下の環境で起動しました

  • リージョン : オレゴン(us-west-2)
  • AMI : amzn2-ami-kernel-5.10-hvm-2.0.20211103.1-x86_64-gp2 - ami-0 0142f6ace1c558c7d
  • インスタンスタイプ : r6i.large

それでは最新世代インスタンス記事恒例のシステム情報です

dmesg

$ dmesg | less

[    0.000000] Linux version 5.10.75-79.358.amzn2.x86_64 (mockbuild@ip-10-0-40-76) (gcc10-gcc (GCC) 10.3.1 20210422 (Red Hat 10.3.1-1), GNU ld version 2.35-21.amzn2.0.1) #1 SMP Thu Nov 4 21:08:30 UTC 2021
[    0.000000] Command line: BOOT_IMAGE=/boot/vmlinuz-5.10.75-79.358.amzn2.x86_64 root=UUID=131a92e1-307c-4b9b-af37-053719d9b69b ro console=tty0 console=ttyS0,115200n8 net.ifnames=0 biosdevname=0 nvme_core.io_timeout=4294967295 rd.emergency=poweroff rd.shell=0
[    0.000000] KASLR enabled
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x001: 'x87 floating point registers'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x002: 'SSE registers'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x004: 'AVX registers'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x020: 'AVX-512 opmask'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x040: 'AVX-512 Hi256'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x080: 'AVX-512 ZMM_Hi256'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x200: 'Protection Keys User registers'
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[2]:  576, xstate_sizes[2]:  256
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[5]:  832, xstate_sizes[5]:   64
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[6]:  896, xstate_sizes[6]:  512
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[7]: 1408, xstate_sizes[7]: 1024
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[9]: 2432, xstate_sizes[9]:    8
[    0.000000] x86/fpu: Enabled xstate features 0x2e7, context size is 2440 bytes, using 'compacted' format.
[    0.000000] BIOS-provided physical RAM map:
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000000000000-0x000000000009fbff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x000000000009fc00-0x000000000009ffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000000f0000-0x00000000000fffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000000100000-0x00000000bffe8fff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000bffe9000-0x00000000bfffffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000e0000000-0x00000000e03fffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000fffc0000-0x00000000ffffffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000100000000-0x000000042effffff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x000000042f000000-0x000000043fffffff] reserved
[    0.000000] NX (Execute Disable) protection: active
[    0.000000] SMBIOS 2.7 present.
[    0.000000] DMI: Amazon EC2 r6i.large/, BIOS 1.0 10/16/2017
← snip →

DMI: Amazon EC2 r6i.large との表記が確認できました。

CPU 情報

/proc/cpuinfo の内容です

processor       : 0
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 106
model name      : Intel(R) Xeon(R) Platinum 8375C CPU @ 2.90GHz
stepping        : 6
microcode       : 0xd0002b1
cpu MHz         : 3500.464
cache size      : 55296 KB
physical id     : 0
siblings        : 2
core id         : 0
cpu cores       : 1
apicid          : 0
initial apicid  : 0
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 27
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ss htsyscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology nonstop_tsc cpuid aperfmperf tsc_known_freq pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm 3dnowprefetch invpcid_single ssbd ibrs ibpb stibp ibrs_enhanced fsgsbase tsc_adjust bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid avx512f avx512dq rdseed adx smap avx512ifma clflushopt clwb avx512cd sha_ni avx512bw avx512vl xsaveopt xsavec xgetbv1 xsaveswbnoinvd ida arat avx512vbmi pku ospke avx512_vbmi2 gfni vaes vpclmulqdq avx512_vnni avx512_bitalg avx512_vpopcntdq rdpidmd_clear flush_l1d arch_capabilities
bugs            : spectre_v1 spectre_v2 spec_store_bypass swapgs
bogomips        : 5800.01
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

processor       : 1
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 106
model name      : Intel(R) Xeon(R) Platinum 8375C CPU @ 2.90GHz
stepping        : 6
microcode       : 0xd0002b1
cpu MHz         : 3520.786
cache size      : 55296 KB
physical id     : 0
siblings        : 2
core id         : 0
cpu cores       : 1
apicid          : 1
initial apicid  : 1
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 27
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ss htsyscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology nonstop_tsc cpuid aperfmperf tsc_known_freq pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm 3dnowprefetch invpcid_single ssbd ibrs ibpb stibp ibrs_enhanced fsgsbase tsc_adjust bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid avx512f avx512dq rdseed adx smap avx512ifma clflushopt clwb avx512cd sha_ni avx512bw avx512vl xsaveopt xsavec xgetbv1 xsaveswbnoinvd ida arat avx512vbmi pku ospke avx512_vbmi2 gfni vaes vpclmulqdq avx512_vnni avx512_bitalg avx512_vpopcntdq rdpidmd_clear flush_l1d arch_capabilities
bugs            : spectre_v1 spectre_v2 spec_store_bypass swapgs
bogomips        : 5800.01
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

搭載するCPUは Intel(R) Xeon(R) Platinum 8375C CPU @ 2.90GHz。「m6i」「c6i」と同一でした。

まとめ

メモリ最適化インスタンス 「R6i」のリリースにより、最新世代のIntelプロセッサを搭載するEC2で、汎用の「M6i」、コンピュート最適化インスタンスの「C6i」の選択が可能になりました。

最新世代のEC2、「R6i」「M5i」「C5i」は、共通のIntel Xeon プロセッサを搭載する様になりました。 ワークロードのメモリ要求にあわせて、最適なインスタンスファミリーを選択いただければと思います。

参考