Noitonのコンテンツ整理に「罫線」を活用する #noiton

2022.08.31

データアナリティクス事業本部 サービスソリューション部 サービス開発チームの しんや です。

これはNotionに限らないポイントではありますが、コンテンツを見やすく、分かりやすく、辿りやすくするために情報の整理であったり、区分けをしておくことが「ナレッジやノウハウの共有」「情報管理」において有効です。

当エントリでは、Notionでコンテンツを整理するために活用することが出来る「罫線」のワザについて紹介します。

目次

 

「罫線」として活用出来るTips3選

 

横罫線

まずは一番シンプルな「横に引ける罫線」から。

ショートカットコマンドで/div または ---を実行。

すると以下のように罫線が引かれます。

 

(引用ブロックを用いた)縦罫線

2つ目は「縦罫線」。これは縦罫線そのものを引く機能は存在せず、ショートカットコマンド /quote で展開出来る「引用」ブロックを使います。

この「引用」ブロックは、複数列のカラムレイアウトと併用します。今回2列カラムレイアウトでこれをやりたいのでショートカットコマンドを使って2列カラムレイアウトを作成。

分かりやすさを出すために作成したブロックに色を付けておきます(これは最終的には削除/色を除去します)。

まずは一番左の列にコンテンツを流し込み(ドラッグアンドドロップし)ます。

2カラムレイアウトの左側にコンテンツが収まりました。

次いで、用意した引用ブロックを2カラムレイアウトの右側に流し込み(ドラッグアンドドロップし)ます。

更には、右側に流したいコンテンツを、引用ブロックの内側に流し込み(ドラッグアンドドロップし)ます。

これで大枠、配置が出来ました。

あとは空行等の体裁調整を行えば完了です。(※書いてて思いましたが、引用ブロック内に予め流し込んだコンテンツを2カラムレイアウトの中に配置する、でも良いかも知れません)

 

画像を罫線に見立てて使う

3つ目はちょっと変化球的な内容になりますが(2つ目のも変化球と言えば変化球だな...)、「画像を罫線として使う」方法です。アップロードした画像を罫線に見立てて彩りを足す感じですね。

ここでは罫線っぽく活用出来そうな横長の画像を使います。

そして罫線で区切る事になるコンテンツも別途用意しておきます。

ショートカットコマンド /image で画像をアップロード。

アップロード完了。まぁ別にこの状態でも良いっちゃ良いんですが、ここからひと手間加えていきます。

画像の端を選択すると、サイズ調整用のバー(太い線)が出てサイズ変更が出来るようになるので、外側にグイッと広げます。

すると、Notion本文スペースの横幅いっぱいに画像を展開することが出来るようになります。今回アップロードした画像は既に罫線風な横長画像でしたが、画像の高さがある場合も高さ調整を同じようにする事で罫線的なサイズ感に変更することが出来ます。

画像罫線を挟む形でコンテンツを配置し直してみました。

 

まとめ

という訳で、Notionにおけるコンテンツ整理で「罫線」を活用しよう!という内容の紹介でした。

Notionでは如何に「情報を分かりやすく整理し、迷わないように辿り着けるようにする」のが大事です。そんな時にこの「罫線による情報整理」を上手く活用して頂けますと幸いです。