[Notion思考]断絶したリンクとはどう付き合うか?

Notionへの移行にて現在も悩ましいリンク切れとの付き合いについて、個人的主観交えつつ書いてみました。
2022.12.31

破棄した古い資料や終了したサービスへのリンクは扱いに悩ましい要素の一つです。動作上は削った方が迷わないものの、そういった文書がかつては存在していたと示したい場合には何らかの形で残す必要があります。

古いページを整理していた時にこの問題にぶつかったため、取った方法について書いてみました。

リンク先が生きているか確認する

リンクが含まれているのを見つけた時には先んじて行います。Notionのページメンションだからと安心することなかれ。リンク先がゴミ箱に入っている場合でもページメンションは維持されています。リンク先が存在していない場合はキャッシュ等で辿れないか試します。

不可能であれば手間が問題なければリンクは切った上でURLをテキストにて括弧つけで記載しておくなどしましょう。そのままにしておくと紛らわしくなります。数が多い場合はリンク切れ多数注意等文言を書き足した上で放置でもよいでしょう。

これらを踏まえて、個人的にとっている順序としては以下の通りです。

  1. リンクを確認する
  2. アクセスできてテキストが取れる場合は引用として残す
  3. アクセスできない場合はリンク切れの注意文言を足す

可能なうちに引用としての記録

リンク先の参照可能期間が短い場合、概要もしくは可能であれば全文を引用として複製しておきたいものです。文章がながければトグルで隠蔽しておきましょう。画像については含まれる情報によっては引用に含めないほうが無難かもしれません。

あとがき

ハイパーリンクでの参照を利用している以上、向かいあう必要がある問題として挙げてみました。

弊社はConfluenceオンプレミス→Confluenceクラウド→Notionと遷移していますが、Confluenceオンプレミスからクラウドへ移るタイミングでリンクすべてをリカバリーしきれず資料間の断絶が起きています。Notionへ移る際には当時の経験を元に対策を取ってある程度は事なきを得ましたが、たまにオンプレミス時代の切れたリンクと出くわしては処置に悩まされています。

常にキャッシュやアーカイブとして取得できていればいいのですが、容量等にも限りはあります。そもそもの移行が発生しない状態を維持したいものです。