ちょっと話題の記事

Notionで「見出しのトグル化」機能が利用可能になりました #notion

2021.12.26

小ネタです。

Notionのアップデートで「見出しをトグル付きで利用可能になった」というものがリリースされていたので試してみました。

目次

 

実践

「トグル」とは、ブロックに対して使える機能で、ひとまとまりのコンテンツを階層毎に開いたり畳んだり出来るものです。

今回の新機能は、これが「Notionにおける見出し」に対して利用出来るようになったというものです。対象は以下見出しレベルとなっています。

  • 見出しレベル1(#)
  • 見出しレベル2(##)
  • 見出しレベル3(###)

検証用にページを用意してみました。シンプルに見出しとコンテンツ(リスト化したもの)で構成されているものです。

見出しをトグル付きで利用するには幾つか方法があるので、手段毎に内容を紹介します。

 

スラッシュコマンド(/toggle)を使う

/toggleコマンドで「アドバンスト」オプションの候補として選択可能です。

 

コマンド(>)を使う

まっさらの状態から、コマンド(>)でトグル付きヘッダを作成することも可能です。値を入力後スペースを押下すると、

空のトグルが出来ます。

そこに対して任意の見出しコマンド(#/##/###)を入力すると、

トグル付きヘッダーの出来上がりです。

 

メニューから選ぶ

任意のコンテンツブロックメニュー([+]の部分)を選択することで、

該当ブロックをトグル表示切り替え可能な形に変更出来ます。

 

既存見出しコンテンツをトグル化する

トグル化させたい見出しの行頭に対して>を入力後、スペース押下。

すると以下のようにヘッダー部分がトグル化します。

トグルの中に収納したいコンテンツをまとめて選択し、

メニュー部分を掴んでまとめてドラッグアンドドロップすることで、

見出しレベルでのトグル化が完了しました。

トグルを閉まった状態はこのような見た目になります。とてもスッキリしましたね!

 

ブロックタイプを変換する

既存見出しコンテンツのメニューから「ブロックタイプの変換」で構成を変えることも可能です。

レベル1〜3の中から、変換したいタイプを選ぶことが出来ます。

 

まとめ

という訳で、Notionでヘッダーをトグル化する機能が利用出来るようになったというお知らせでした。

今回のこの機能を利用出来るようになったことで、コンテンツの整理・作り方の選択肢の幅も広がったと思います。上手く使いこなして見易さ・分かり易さを向上させていきたいですね!