殿堂入り記事

DeepLの”公式”Chrome拡張がヤバイ。TwitterもSlackも英語でつぶやき放題

入力中のテキストを英語に変換してくれるなんて!
2021.12.24

ちゃだいん(@chazuke4649)です。

DeepLの公式Chrome拡張機能がヤバかったので勢いにまかせて紹介します。

"公式版"がリリースされてたの知ってた?

DeepL翻訳(ベータ版) - Chrome ウェブストア

ベータ版ではありますが、いつの間にか公式版がリリースされていました。自分は今まで公式版がなかったので、以前は非公式版のツールを使っていました。

インストールする

Chromeウェブストアからインストールすると、右上にアイコンが表示されます。それをクリックすると以下ポップアップ画面が表示されます。

現時点では以下2つの機能が存在します。

  • 読む: ブラウザ上の文章を任意の言語に翻訳して表示できる
  • 書く: ブラウザ上に入力している文字を任意の言語に変換できる

それぞれ試してみます。

「読む」

一般的にはこちらがよく認知されている機能だと思います。

下図のように、翻訳したいテキストを選択すると、DeepLのアイコンが表示されます。

アイコンをクリックすると、指定した言語に翻訳してくれます。

いくつかポイントをあげてみます。(翻訳の精度については今回触れません)

テキストの選択範囲に制限がない(長文を選択しても翻訳してくれる)

Google翻訳の拡張では、ある一定の文量を超えると、今回のような方法では翻訳できませんでした。その点、DeepLの方が制限なく対応してくれるようなので、ストレスなく使えるのは良いなと思います。

ページ全体の翻訳も近日追加予定

その代わり、Google翻訳は「ページ全体を翻訳」がありますが、DeepLはまだありません。しかしChromeウェブストアには以下コメントがあり、今後のアップデートに期待できます。

ページ全体の翻訳(近日中に追加予定!) この機能の搭載後は、ワンクリックでウェブページ全体を希望の言語に翻訳できるようになります。

「書く」 ※こっちがメイン

個人的にはこちらが驚きでした。

例:Twitter

例えばTwitterに日本語で以下のように入力をして、

DeepLのアイコンをクリックすると、

入力中のテキストを指定した言語に変換してくれます!

これ、やばくないですか? 英語でツイートし放題です。

例:Slack

ブラウザ版でSlackを立ち上げれば、

まじで一撃です!

Slackでも英語でメンションし放題です!

今までこれと同じようなことをやろうとすると、ひと手間もふた手間もかかっていた作業が、とてもスムーズに実現できるようになりました。

例:Slack(日本語→英語)

逆もやってみると、

自分の拙い英語もいい感じに丁寧な日本語にしてくれました!

つまり、これは英語が苦手な日本人のみならず、素早く日本語でコメントしたい全ての外国人にもベリーユースフルということですね!

終わりに

「書く」方については興奮に任せて紹介してみました。英語ツイートで海外にも自分の言葉を届けたい人、社内Slackで自分と言語が異なるメンバーとよりスピーディに外国語で会話したい人、ぜひ一度お試しください。

それではこの辺で。ちゃだいん(@chazuke4649)でした。