[アップデート] AWS Personal Health Dashboard が Organizations と連携、組織ビューが見られるようになりました

2020.12.16

以下 アップデートの紹介です。

概要

AWS Personal Health Dashboard(PHD) は自身のAWS環境に影響しうるイベント(メンテナンスやサービス障害など) を知らせてくれるサービスです。 例えば EC2インスタンスのリタイアメントのイベントなどを PHDで確認できます。 CloudWatch Event(EventBridge) と連携して通知する仕組みも作成できます。

今回のアップデートで Organizations マネジメントアカウントから、 PHDの 組織ビュー を確認できるようになりました。 追加の課金はありません。

Organization 内の全アカウントで作成される Healthイベントを、 この組織ビューに集約・表示します。

やってみる

有効化

Organizations マネジメントアカウントで PHDの画面に行くと Organizational view > Configurations の項目がありました。

img

前提として Organizations設定 で「全ての機能を有効化」しておく必要があります。 デフォルトでは有効化されているので基本は気にしなくても良いですが、 有効化されていない場合は以下参考に、有効化しましょう。

Enable organizational view を選択して有効化します。 選択して暫く待つと、 Success に表示変わります。

img

組織ビュー確認(Dashboard)

ダッシュボードは以下のような画面。見た目は通常のダッシュボードと特に変わりはありません。

img

組織内アカウントのAWS環境に影響を与えうるイベントを、 こちらのダッシュボードで確認できます。

組織ビュー確認(Event Log)

イベントログは以下のような画面。

img

アカウントやリージョン、カテゴリでフィルターができます。

img

おわりに

組織内で起きるAWSのメンテナンス情報などを マネジメントアカウントに集約、 全て確認できるのはとても便利ですね。 組織ビューの作成は特にコスト掛からないので、Organizations環境であればすぐに有効化して良いと思います。

参考