[アップデート] S3より安くなった!Amazon EBS Cold HDD(sc1)ボリュームの価格が40%値下げされました!

S3 より安い EBS 爆誕
2020.11.10

本日、Amazon EBS Cold HDD(sc1)ボリュームの価格が 40% 値下げされたとの発表がありました。

S3 より安くなった!

sc1 はシーケンシャルアクセスに特化したストレージタイプです。同様のストレージタイプ st1 ほど高性能である必要がなく、大容量のファイルストレージに向いています。

ストレージタイプ別のパフォーマンス検証は以下の記事が非常に参考になります。ランダム I/O には不向きですが、シーケンシャル I/O であれば期待値次第で十分に利用できるストレージタイプであることが解りますので、あわせてお読みください。

値下げ後の東京リージョン価格は GB あたり 0.018 USD となっています。(2020年11月9日から新しい価格が有効になっています)

sc1 の最小利用可能サイズ 500 GB の場合、わずか 9 USD です!從來は GB あたり 0.03 USD でしたので最低利用価格は 15 USD でしたが、10 USD を切る価格で利用可能になりましたね!

また S3 標準が GB あたり 0.025 USD ですので、ついに S3 よりも安い EBS ストレージの誕生ですね!!(もちろん、用途が違いますが)

価格表(東京リージョン)

ストレージタイプ GBあたりの料金
汎用 SSD (gp2) 0.12 USD
スループット最適化 HDD (st1) 0.054 USD
Cold HDD (sc1) 0.018 USD
EBS スナップショット 0.05 USD
S3 標準 0.023 USD

さいごに

sc1 は Windows ファイルサーバーなどの比較的大容量な用途で利用されるストレージタイプですので 40% の値下げはコスト削減に大きく貢献してくれるでしょう!

EBS スナップショットは GB あたり 0.05 USD のままです。更新頻度の高いデータの場合はスナップショットの管理に気をつけないと、せっかくの低価格ストレージの恩恵が薄まってしまうので注意したいポイントですね。

以上!大阪オフィスの丸毛(@marumo1981)でした!