ちょっと話題の記事

Python – googletransを試してみました。

2017.11.17

ベルリンの半瀬です。
冷えますね。

はじめに

google翻訳をお手軽に使えないかと思ってグーグルしたら、pythonパッケージ googletrans というものを見つけましたので、動作確認をしてみました。

googletrans

  • Google翻訳に文字列をhttpで渡して翻訳する(タダで使える
  • python2.7以上、python3.4以上でサポート
  • python2のサポートは次のメジャーリリース時に終了予定

確認内容

インストール

python3で試しました。

% python -V
Python 3.6.2

pipインストール

% pip install googletrans

基本動作

srcで翻訳元の言語を指定、destで翻訳先の言語を指定します。
destで何も指定しなければ、デフォルトは英語訳(en)となる様です。

>>> from googletrans import Translator
>>> translator = Translator()
>>> print(translator.translate('Blühe, deutsches Vaterland'))
Translated(src=de, dest=en, text=Blossom, German fatherland, pronunciation=Blossom, German fatherland)
>>>

destに日本語jaを指定します。
日本語はうまくないですね。。。

>>> from googletrans import Translator
>>> translator = Translator()
>>> print(translator.translate('Blühe, deutsches Vaterland', dest='ja'))
Translated(src=de, dest=ja, text=花、ドイツの祖国, pronunciation=None)
>>>

日本語からドイツ語に変換する。

>>> from googletrans import Translator
>>> translator = Translator()
>>> print(translator.translate('ベルリンの壁', src='ja' ,dest='de'))
Translated(src=ja, dest=de, text=Berliner Mauer, pronunciation=None)
>>>

その他

発展的な使い方を少々。
リストで入出力。

>>> translations = translator.translate(['The Germany national football team', 'wins', 'World Cup 2014.'], dest='de')
>>> for translation in translations:
...     print(translation.text)
... 
Die deutsche Fußballnationalmannschaft
gewinnt
Weltmeisterschaft 2014.

>>> 

言語検出も可能。

>>> from googletrans import Translator
>>> translator = Translator()
>>> print(translator.detect('ダダダ'))
Detected(lang=ja, confidence=1)
>>> print(translator.detect('la vecchia signora'))
Detected(lang=it, confidence=1)
>>> print(translator.detect('This is a pen'))
Detected(lang=en, confidence=1)
>>> 

さいごに

googletransの動作を確認しました。注意点は以下のとおりです。

  • テキストは最大15kまで
  • Google翻訳の制限に依存し、このライブラリはいつでも利用可能とは限らない
  • 安定性が必要な場合は有料のGoogle’s official translate APIを使いましょう

詳細はコチラ

ではまた