Alteryx で引用符を置き換える方法

2020.10.13

(For English, click here)

はじめに:

Alteryx で Replace()、FindString()、StartsWith()、など様々な式や関数をご利用する際にもし引用符が対象の文字列である場合は注意が必要です。ここでご紹介する簡単なトリックをご利用したら適切な結果が現れます。

方法:

通常の構文を使用した場合は、Alteryx の関数では二重引用符と一重引用符のどちらを使用するかに関係なく、引用符がペアとして働きます。しかし、引用符が対象とした場合は以下のエラーが発生します。

このようなエラーが解決する為に、ターゲットと一致しない別の引用符のペアを使用する必要があります。例えば、ターゲットが一重引用符である場合は二重引用符を使用し、ターゲットが二重引用符である場合は一重引用符を使用することでエラーの解決が出来ます。詳しくは以下の図をご覧下さい。

終わりに:

Alteryx 関数で引用符がターゲットであった場合に、正しく実行する為に別の種類の引用符を使用する必要があります。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400