Redshiftの新しい「クエリエディタ V2」を使ってみた

2021.10.27

2021/09/29に、Redshiftの新しいクエリエディタがリリースされていました。

リンク先ブログの最後の方に、

クエリエディタ V2 は、AP-Northeast-3 リージョンを除くすべての AWS 商用リージョンで利用できます。

と、ありました。あれ? 「AP-Northeast-3」って、大阪リージョン? 確認してみたのですが、本ブログ執筆時の 2021/10/27 時点では、残念ながら大阪リージョンではまだ利用できないようでした。

AWSアカウント用に クエリエディタ V2 を設定する

最初に、管理者アカウントでクエリエディタ V2 を構成する必要があります。

Redshiftのマネジメントコンソールから、クエリエディタ V2 にアクセスすると、 ブラウザの新しいタブで表示されます。

最初のアクセスのタイミングで、リソースの暗号化に利用される KMSのキーが作成されます。 デフォルトでは、AWSマネージド型キーが作成されますが、 設定を変更してカスタマーマネージドキーを利用することもできます。

なお、この暗号化キーの設定は後で変更できないようです。

クエリエディタ V2を使用する

画面の左側には、

  • Database
  • Queries
  • Charts
  • Moon
  • Editor preferences

の各アイコンが縦に並んでいます。

Moon → 月のアイコンは、画面モードの切り替え機能です。 クリックすると、画面のモードがダークモードとライトモードが交互に切り替わります。

その下のEditor preferences はフォントサイズなどの設定になります。

データベースタブでは、 画面右側のペインにクエリを記述して実行することができます。

画面上部に

  • Run
  • Limit 100
  • Explain
  • Save
  • Shortcuts

のボタンが並んでいます。

Shortcuts の内容を確認する

最初の4つはおなじみのショートカットになります。

Format selected Macの場合ですと、Cmd-; でクエリの整形ができます。

Cmd-/ で、カーソル行のコメント/アンコメント のトグルになります。

Content assist の機能が、Ctrl-Space に割り当てられているようですが、 キーバインドの影響か、私の環境では「コンテンツ補完」の動作を確認することができませんでした。

データベースタブのエクスプローラ・ペイン

画面左側から2番目のエクスプローラ・ペインに データベースのスキーマの内容が表示されます。

階層をたどり、テーブル名をクリックすると、 画面下部に、テーブル定義の内容が表示されます。

テーブル名を右クリックすると、コンテキストメニューが表示されます。

Select table

コンテキストメニュー内の「Select table」を選択すると、

画面右側のペインにクエリ(Select文)が挿入されます。

デフォルトで「Limit 100」ボタンが有効になっているので、 クエリを実行すると先頭の100行が表示されます。

Chart

画面右端の「Chart」ボタンをクリックすると、クエリ結果の可視化を行うことができます。

私が下記のクエリで試した際には、そのままでは、グラフ形式が適切ではなかったので、 X軸として「month」、Y軸として「sum」、Typeとして「Bar」を選択してみました。

バージョン管理機能

Querieタブ、Chartsタブでは、それぞれクエリ、チャートのバージョン管理機能を利用することができます。

まとめ

Redshiftの新しい「クエリエディタ V2」は、今回本ブログでご紹介した以外にも、

  • クエリで複数のSQLステートメントを使用する
  • 長いクエリを実行する
  • パラメータ化されたクエリを実行する
  • チームのメンバーとクエリやチャートを共有する、チーム機能

などの、新しい機能が追加されました。

分析基盤を利用する際には、長時間利用する環境となることが多いと思われますので、 クエリエディタの刷新により、Redshiftを利用したデータ分析の作業が、ますますはかどりそうです。

実際にクエリエディタV2を使ってみると、若干荒削りの部分も見られましたが、 今後のアップデートで解消されていくでしょう。 今後のRedshiftの進化を、引き続き見守っていきたいと思います。

アノテーション株式会社について

アノテーション株式会社は、クラスメソッド社のグループ企業として「オペレーション・エクセレンス」を担える企業を目指してチャレンジを続けています。「らしく働く、らしく生きる」のスローガンを掲げ、様々な背景をもつ多様なメンバーが自由度の高い働き方を通してお客様へサービスを提供し続けてきました。現在当社では一緒に会社を盛り上げていただけるメンバーを募集中です。少しでもご興味あれば、アノテーション株式会社WEBサイトをご覧ください。