re:Invent 2020でHPC系のセッションをざっくりまとめてみた #reinvent

re:Invent 2020のHPC/スパコン系のセッションをまとめてみました。
2020.12.03

本日、2020/12/01よりAWSの年次イベントre:Invent 2020が開催されています。 お目当てのセッションは見つかったでしょうか?

今年はひょんなことからHPCプロジェクトにガッツリ関わることになりました。 せっかくなので、re:InventのHPC/スパコン系セッションを概要 *1とともにご紹介します。

前半がAWS提供にセッション、後半がスポンサーセッションです。

AWS セッション

CMP206:HPC on AWS: Innovating without infrastructure constraints

タグ

  • compute
  • amazon elastic compute cloud (amazon ec2)
  • aws batch

概要

ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)ワークロードをAWSに移行して、最も複雑なエンジニアリングシミュレーションとハイパフォーマンスデータ分析ワークロードを加速します。このセッションでは、Lustre、Elastic Fabric Adapter、AWS ParallelCluster、AWS Batch、およびNICEDCV用のAmazonFSxの新しいAmazonEC2インスタンスと最新機能が、HPCワークロードに最適な価格/パフォーマンスメトリックを達成するのにどのように役立つかを学びます。 HPCコストの管理に役立つAWSサービスについて学び、AWSユーザーがAWS上のHPCの事実上無制限の容量と柔軟性を活用して、敏捷性を高め、医薬品やワクチンを開発するための救命研究を加速している方法を発見してください。

STG214:Supercharge your compute workloads: Deep dive on Amazon FSx for Lustre + S3

タグ

  • storage
  • compute
  • artificial intelligence & machine learning
  • amazon fsx for lustre
  • amazon simple storage service (amazon s3)
  • amazon sagemaker
  • life sciences

概要

高速な共有ファイルシステムは、コンピューティングワークロードが最高のパフォーマンスを達成し、コストを削減するのに役立ちます。 Amazon FSx for Lusterは、AmazonS3と統合されたフルマネージドのPOSIX準拠の共有ファイルシステムです。 FSx for Lusterは、自己管理型ファイルシステムのオーバーヘッドや複雑さを伴わずに、AmazonEC2コンピューティングリソースに高性能ストレージを提供します。このセッションでは、コンピューティングを多用するワークロードを実行する際の一般的なストレージの課題と、FSx forLustreを使用してこれらの機会に対処する方法について説明します。また、ベストプラクティスを学び、コンピューティングリソースを最大化し、総コストを削減するのに役立つ技術デモをご覧ください。

STG221:SAS Grid on AWS: Optimize price, performance, and agility

タグ

  • storage
  • compute
  • media & entertainment
  • amazon fsx for lustre
  • amazon simple storage service (amazon s3)
  • amazon elastic compute cloud (amazon ec2)
  • analytics

概要

多くの組織は、SASグリッドを使用してデータを分析し、重要なビジネス上の意思決定を行っています。企業はまた、SASアプリケーションをオンプレミスのデータセンターからAWSクラウドに移行して、俊敏性を高め、コストを削減しています。このセッションでは、Amazon FSx forLustreとAmazonEC2コンピューティングインスタンスがAWSへの移行を簡素化し、SASグリッドデプロイメントの価格とパフォーマンスを最適化する方法を学びます。

LFS302:AstraZeneca genomics on AWS: A journey from petabytes to new medicines

タグ

  • life sciences
  • compute
  • storage
  • aws batch
  • aws step functions
  • amazon s3 intelligent-tiering

概要

このセッションに参加して、2026年までに200万のゲノム/エクソームを分析し、臨床データと統合して研究開発、臨床試験、層別医療で使用するというアストラゼネカの使命について聞いてください。アストラゼネカは、AWSBatchやAWSStep Functionsなど、1時間あたり1,600を超えるエクソームを処理できる高性能コンピューティングテクノロジーを使用して、世界をリードするゲノミクスパイプラインを構築した方法について説明しています。このセッションに参加して、AWSサービスを使用して大規模な処理ワークフローを構築し、数百万のAmazon S3オブジェクトを作成し、効果的な方法で数十億のレコードを作成する方法を学びます。

スポンサーセッション

NVIDIA

デモ・セッション・チュートリアルと動画が盛り沢山です。

Intel

AMD

最後に

HPC関連でどれか一つだけ見るのであれば、HPC on AWS の基本がわかる「CMP206:HPC on AWS: Innovating without infrastructure constraints」です。

あとは、気になるキーワードがあるセッションを見るなり、NVIDIA の面白そうな動画を眺めるのがおすすめです。

なお、re:Invent 2020のイベントスケジュールは下記でも分かりやすくまとめて公開しておりますので、合わせて参照して頂ければと思います。

脚注

  1. 日本語はすべてGoogle Translateによるものです。