re:Invent 5K で早朝のラスベガスを走ってきました #reinvent

re:Invent 5K で早朝のラスベガスを走ってきました #reinvent

Clock Icon2022.11.30 20:03

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

おはようございます。 CX事業本部Delivery部のきんじょーです。

re:Inventも折り返しの3日目の水曜日。
今日は、re:Inventの現地に来たら絶対にやろうと決めていた、re:Invent 5Kに参加し早朝のラスベガスを走ってきました。
その様子を写真多めでレポートしていきます!

re:Invent 5K とは

re:Inventで毎年恒例の、ラスベガスの街並みを走ることのできる、re:Invent 5Kマラソンです。 チャリティマラソンとなっていて、今年は癌と感染症予防のための研究に寄付されます。

イベント概要はこんな感じです。

Bring your workout gear! Attendees are invited to join us for the annual re:Invent 5K race. The course begins and ends at Mandalay Bay and will follow Frank Sinatra Drive, parallel to the famous Las Vegas strip. Join in the fun before day three of re: Invent begins! We are also thrilled to share that this year’s race benefits the Fred Hutchinson Cancer Center, which unites innovative research and compassionate care to prevent and eliminate cancer and infectious disease.
ワークアウト用品をご持参ください 参加者は、毎年恒例のre:Invent 5Kレースに参加することができます。コースはマンダレイベイを発着点とし、有名なラスベガスのストリップと並行しているフランクシナトラドライブに沿って進みます。re:Inventの3日目が始まる前に、ぜひご参加ください。また、今年のレースは、癌と感染症の予防と撲滅のために革新的な研究と思いやりのあるケアを一体化したFred Hutchinson Cancer Centerを支援するものであることをお伝えできることを嬉しく思います。

参加方法

参加費は$45で事前にチケットをreInventのイベントサイトから購入する必要があります。

イベントのチェックイン

レジストレーションの横に特設ブースがありました。

ここで5KマラソンのTシャツとゼッケンを入手します。

イベントの詳細

チェックイン時にもらった案内です。

スタート地点は、Mandalay Bay Hotel の Michelob Ultra Arenaです。 Mandalay Bayは、他の会場の中でも一番南にあるので集合時間に注意が必要です。 5:15から15分間隔でホテルを循環するバスが出ていました。

5k-run-information

コース

Stripの、ホテルが連なるメイン通りの1本西のFrank Sinatra Driveを、Michelob Ultra Arenaから北に向かって進み、Ariaで折り返すコースでした。

走ってみた

5:15にベネチアン発のバスに乗るため4:20に起床。 前日1時過ぎまでブログを書いていたので起きれるか不安でしたが、寝過ごすわけにはいきません。

流石にこの時間では通りには誰もいませんが、煌々と輝くネオンでラスベガスにいることを実感します。

ホテルにも警備員以外ほとんど人がいません。

ベネチアンのシャトルバス乗り場で、5:15発の1便に乗ることができました。

当初、行きからMandaray Bayまで走っていく案もありましたが、集合場所となるアリーナの場所を探したりすることを考えると、シャトルバスを選んで良かったです。

目的地のMichelob Ultra Arenaに到着しました。

開場の時間を待ち、アリーナへ入っていくと・・

なんと、re:Invent 5Kの待機場所のためだけにアリーナが貸し切られていました!

続々と人が集まる中、青いスーツのおっちゃんが会場を盛り上げています。

会場にはフルーツとチョコバーがあり、スタート前に補給ができます。

うさぎとトラとカメの着ぐるみがひたすら陽気に踊っています。

S3 Bucket君も応援に来ていました!

スタート時間が近づき、続々とアリーナに人が集まってきます。

参加者は走るペースに応じてRABBITとTIGER、TURTLEの3つのグループを選ぶことができます。
さっきの着ぐるみは、グループをリードしてくれる人たちでした。

今回僕たちは真ん中のTIGERのグループを選択しました。

壇上に上がるS3 Bucket君。大人気でした!
この後全員でストレッチをしたのですが、本場のYMCAを体験できる貴重な経験です。

TIGERに先導され、スタート地点へ移動していきます。

外に出ると、日の出前の心地よい朝の空気が感じられました。

いよいよスタート!

朝焼けが残る中、Frank Sinatra Driveを北上していきます。

あっという間に1キロ地点

折り返し地点のAriaが見えてきた

2キロ地点を超えると、

すぐに折り返し地点

朝日が登ってきた!

TIGERとS3 Bucket君も応援してくれています!

あっという間にゴール!

ゴール後したところでSWAGの靴下をもらい、アリーナには暖かいコーヒーやフルーツが用意されていました。

re:Invent 5Kに参加してみて

朝焼けの心地よい空気の中、ラスベガスを走るのはなんとも言えない最高の体験で、最高の1日のスタートでした!

re:Inventは新サービスの発表や、セッション・ワークショップと勉強目的のカンファレンスですが、このように世界中のエンジニアと交流できるアクティビティが多数用意されています。

皆さんも現地参加の機会があれば、是非re:Invent 5Kに参加してみてはいかがでしょうか!

以上。CX事業本部Delivery部のきんじょーでした。

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.