[レポート] GPSCT313 – ラピッドプロトタイピングへのデジタルイノベーションの適用 #reinvent

re:Invent 2018 のセッション GPSCT313 - Applying Digital Innovation to Rapid Prototyping( ラピッドプロトタイピングへのデジタルイノベーションの適用 )のレポートです。
2018.12.31

こんにちは。池田です。本記事は現地時間2018/11/26-30で行われた re:Invent 2018 のセッション GPSCT313 - Applying Digital Innovation to Rapid Prototyping( ラピッドプロトタイピングへのデジタルイノベーションの適用 )のレポートです。

概要

Innovation requires experimentation, where experiments explore new ideas or push business and technology boundaries but are delivered with a level of engineering discipline that has proven to work effectively across all of Amazon. In this session, learn how we apply Amazon's digital innovation principles for engineering rapid prototypes that solve customer needs in spaces such as IoT, artificial intelligence/machine learning, and advanced analytics using AWS.

資料

セッション資料は以下に公開されています。

登壇者

Andres Michel - Manager, Solutions Architecture, AWS
Don Southard - GM, R&D and Innovation, AWS

はじめに

このセッション資料を見つけて「 Rapid Prototyping 」という言葉がふと気になり読んでみたのですが、概要に書かれている他に Amazon と Amazon Web Services の企業文化の一旦に触れることができると感じたのでご紹介します。

We had three big ideas at Amazon that we have stuck with for 20+ years, and they are the reason we are successful: put the customer first, invent and be patient.”
Jeffrey P. Bezos Founder and Chief Executive Officer Amazon.com, Inc.

The most compelling part of our [AWS] value prop is being able to innovate more easily and quickly. Engineering teams and LOB leaders have a lot of ideas and a strong appetite for doing new things.
Andy Jassy Chief Executive Officer Amazon Web Services

How Do We Organize For Innovation?

Amazon Innovation Equation Mechanisms

  • Amazon のイノベーション方程式のメカニズムは インプットから ツール - 採択 - 検査 の繰り返しを経てアウトプットすることである
  • Working backwards ( 逆向き解決法:次の記事がわかりやすいと思います。 ITコンサルタント日記 2012/08/11 fladdict 2012/08/12
    • Write the press release
    • Write the FAQ
    • Define visuals
  • Architecture

    We are creating powerful that allow thousands of people to and accomplish things that would otherwise be impossible or impractical.

  • Architecture—Self service, no gatekeepers
    • Loose coupling
    • Microservices
    • Functions

Architecture — Loose Coupling

「 When the system is idle, it shuts down and costs nothing to run 」というコメントがあることから、複雑で巨大なシステムを構築するのではなく、マイクロサービスを柔軟に組み合わせ必要な時に必要な分だけ利用する。という AWS のサービスを利用する利点や原則(ベストプラクティス)が文化として根付いていることを紹介しているのだと考えます。

Amazon Innovation Equation — Culture

We will make bold rather than timid investment decisions where we see a sufficient probability of gaining market leadership advantages. Some of these investments will pay off, others will not, and we will have learned another valuable lesson in either case.
Jeff Bezos 2013 shareholder letter

Jeff Bezos の企業投資に関するコメントや、一人ひとりがリーダーである「リーダーシップの原則」が紹介されています。

Amazon Innovation Equation — Organization

  • Decompose to primitive problems
  • Single-threaded focus
  • Small “two pizza teams”
  • Enables self-directed teams
  • Fosters ownership & autonomy

クラスメソッドでも大切にしている企業文化である自主性や「2つのピザチーム」、失敗を受け入れるといったことが紹介されています。2つのピザでちょうど良い人数のチームによって自主的に、失敗を恐れず(失敗してもそこから学びを得て次に活かして)進んでいく。ということと考えています。

そして最後に再び「Amazon のイノベーション方程式」が紹介された後に以下の問いかけでセッション資料は締めくくられています。

How do you organize for innovation?

おわりに

読み終えて振り返ると、30ページにも満たない資料でありましたが高速なプロトタイピングに限定された話題ではなく、経営者やチームリーダー、エンジニアなど様々な人へ向けたメッセージが含まれているように感じました(セッション動画が公開されていないのが非常に残念です。現地で聴講できた方が羨ましい...)。企業理念やミッションに対する姿勢、技術課題に挑む際のアプローチなど、このセッション資料を時折読み返してその時の自分と照らし合わせ「よしよし、大丈夫。」と自分を励ましたり、「ちょっと待てよ?」と感じた時には必要に応じた軌道修正をしていこうと思います。