[EXPOブース紹介] Looker Data Sciences, Inc. (次世代型データプラットホーム) #reinvent

2019.12.04

こんにちは、yama です。

Looker Advent Calendar 2019 9日目の記事として、ラスベガスで開催されたAWS re:Invent 2019 にスポンサーとして出展されていた、 Lookerのブースをご紹介します。期間中は大変賑わっていました。

カンファレンスの折り返し地点、Day3の投稿です。 砂漠の真ん中であるラスベガスは乾燥しています。さらに本日は雨で、グッと寒くなりました。

EXPOのスポンサーブースからLookerのブースをレポートします。

Looker Data Sciences, Inc.について

Lookerは、データドリブンな意思決定する上で必要なデータ探索・共有・洞察を提供するためのBI(ビジネス・インテリジェンス)機能を兼ね備えた次世代型データプラットホームです。

Amazon、The Economist、IBM、Spotify、Lyft、Disney、ZOZO、メルカリ、リクルートなど、1,800社を超える業界をリードする革新的な企業がLookerを採用して戦略的なデータイノベーションを実現しています。本社は米国カリフォルニア州サンタクルーズにあり、ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴ、ボルダー、ロンドン、東京、ダブリン、アイルランドにオフィスを構えています。

クラスメソッドは今年の10月にパートナーとなり、ブログでもどんどん情報発信をしています。

Developers.IOでもセッションを開催しました。

また、先月サンフランシスコで開催されたJOINカンファレンスにも行ってきたので、その様子は下記のシリーズで公開しています。

ブース紹介

EXPO右側の入り口を入ってSnowflakeの奥にあります。

JOINカンファレンスで発表されたばかりのLooker 7をデモで紹介しています。

まとめ

ブースでは、ナロン翔平さん(写真左)と小野りちこ(写真右)さんが日本語で対応をされています。 明日が最終日となるので、気になる方は是非お立ち寄りください。

さらに、アドベントカレンダーも絶賛公開中です!

Lookerについて、詳しく知りたい方はクラスメソッドまでお問合せください。

次世代BIプラットフォーム「Looker(ルッカー)」 | クラスメソッドのパートナー

それでは、Looker社のブースをご紹介いたしました。