【新サービス】EC2の新インスタンスタイプ「C5n」がリリースされました! #reinvent

はじめに

Monday night live、新サービス祭りです!

C5nインスタンス

なんかすげえのが出てきました(小並感)

C5nインスタンスはC5インスタンスの拡張版で、最大100Gbpsのネットワーク帯域幅を持つインスタンスタイプです。C5インスタンスはコンピューティング最適化の第5世代で、Intel Xeon Platinumシリーズを採用しています。更にC5dというNVMe SSDローカルストレージを搭載したバリエーションもあります。

C5nインスタンスは、最新のコンピューティングリソースと、更に大きなネットワーク帯域幅を持ったことで、バッチ処理や分散処理、ビッグデータ分析、HPC、ゲームやメディア等、様々なシーンで活用されることが予想されます。

C5nインスタンスのスペックは以下の通りです。

Instance Name vCPUs RAM EBS Bandwidth Network Bandwidth
c5n.large 2 5.25 GiB Up to 3.5 Gbps Up to 25 Gbps
c5n.xlarge 4 10.5 GiB Up to 3.5 Gbps Up to 25 Gbps
c5n.2xlarge 8 21 GiB Up to 3.5 Gbps Up to 25 Gbps
c5n.4xlarge 16 42 GiB 3.5 Gbps Up to 25 Gbps
c5n.9xlarge 36 96 GiB 7 Gbps 50 Gbps
c5n.18xlarge 72 192 GiB 14 Gbps 100 Gbps

リリース時点で使えるリージョンは以下の通り。

  • US East (N. Virginia)
  • US East (Ohio), US West (Oregon)
  • Europe (Ireland)
  • AWS GovCloud (US-West)

バージニアリージョンでは既に使えるようになっていました。

さいごに

最新のコンピュートリソース、そして高速のネットワークリソースを備えることで、大きなワークロードでは活用されるケースが増えるのではないでしょうか。

っていうか、新サービスのリリースが止まらない!Monday night liveヤバい!