【現地レポート】Alteryx Inspire 2023 参加のために持参したもの #alteryx23

【現地レポート】Alteryx Inspire 2023 参加のために持参したもの #alteryx23

Clock Icon2023.05.22

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、アライアンス統括部の清水です。

現地時間2023年05月22日(月)〜2023年05月25日(木)に米国ラスベガスで開催されているAlteryxの年次カンファレンスイベント「Inspire 2023」。今回クラスメソッドからは計6人のメンバーが現地参戦しています。

当エントリでは、イベント参加のために日本から持ってきたガジェット類などをレポートします。クラスメソッドとしては海外イベント参加が今回が初めてだったので、業務に支障が出ないよう必要か不要か判断がつかなかったガジェットはとりあえず持参しました。今後どなたかの参考になると幸いです。

セッション会場の様子

電源タップが少ない

渡米前にある程度情報は聞いていたのですが、電源確保が大事だと感じました。わかりやすいように、下の画像を赤枠で囲んでみたのですが、最大6人に対し大体電源タップが1つといったような具合でした。

ChatGPTのセッションなど人気のセッションによってはすでに満席になっているものがあり、その場合だとセッション中に常時電源を確保できない可能性があります。会場入りする前にPCの電源は満タンにしておき、その他モバイルバッテリーや個別に電源タップがあると安心だと思いました。

また海外の方は、高身長のため後ろの方に座るとスクリーンが見えません。私はそもそも日本にいたとしても身長が高くないので、出来るだけ毎回一番前に座るようにしました。

アメリカで日本のコンセントを使う

実はそのままコンセント使えます

分かりやすいように、電源タップでコンセントを差す位置を赤枠で囲ってみました。実は日本の機器はアダプター無しでそのまま使用が可能です。最近の電化製品であれば100V-240V対応が多いため、変圧器も不要です!つまりアメリカの方と同じように充電が可能です。

国によってはコンセントの形状を変えないと差せない国も多いので、世界各国どんな場所でも変えられるこのような変換プラグをいつも持参しています。ただし今回はアメリカだったので不要でした。

念のためAnkerのUSB急速充電器も持参したのですが、どこでも使いませんでした。自分の席の周りに外国籍の方が多数座っていても「電源タップを使わせてほしい」とアピールして差すことができれば、今回のイベントにおいてはモバイルバッテリーも不要かなと思った次第です。

実際のセッション中の様子です。日本でのイベント時と同じように、電源確保できたので国内にいるのと特に変わりなかったです。ちなみに隣の席に座っていたのはシカゴからいらっしゃったというアメリカ人のエンジニアさんでした。PCの電源しか持参していなかったので、私と持参していたガジェット類はほぼ同じかなといったところです。

補足

ちなみに上記の内容に関して、補足事項をお伝えしておきます。

今回一緒に渡航したメンバーは全員認識済みなのですが、私は元々バイリンガルです。普段から英語で業務に携わっていることもあるので、その兼ね合いで日本から持参したガジェット類は他メンバーより少ないかと思います。クラスメソッドでは今回のイベント参加の他、過去にもこのような機会に携わっております。

dbt Labs社主催の「Coalesce Online」でスピーカーをさせていただきました。

Alteryx社の登壇者の方の英語セッションをそのまま聞いて都度メモを録っていましたが、他メンバーは個々にその辺を工夫し、登壇者の話した内容を録音し、後から振り返りでその内容を執筆の際に確認するといったことをしています。

そうすると必要なガジェット類は私以上にやはり増えますので、上記の内容はあくまで一例です。

終わりに

なお「コンセント」は和製英語のため、外国籍の方へコンセントを差したいと伝えても伝わりません。「プラグを使いたい」とお伝えするようにしましょう。

同じような内容で、今後海外イベントへ参加される方へのお役に立てば幸いです。

 

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.