[レポート]クラウドシステムにおけるITガバナンス #SEC313 #reinvent

2019.12.05

AWS事業本部インテグレーション部のいわほりです。

本記事はAWS re:Invent 2019のセッションレポートです。

概要

  • セッションタイトル
    • (SEC313)Beyond the scripts Governance automation master class
  • スピーカー
    • David Boeke - CTO & VP of Services, Turbot HQ, Inc
  • 内容
    • 以下のとおり

In this session, we define enterprise cloud governance and explain its role in achieving security, compliance, and architecture best practices. Using real-world case studies from Fortune 100 enterprises, we demonstrate how governance automation is being used to accelerate and elevate the role of cloud operations (DevOps) while increasing visibility and control for the enterprise. This presentation is brought to you by Turbot HQ, an APN Partner.

 

セッション内容

  • Freedom
    • ガバナンスは、システム管理者やユーザーに自由を提供する
  • Cloud Governance Challenges
    • 迅速な意思決定がよいガバナンスの本質
      • AGILITY
        • Cloud is innovation engine.
      • EXPECTATIONS
        • Best practices are requirements.
      • CONTROL
        • Software defined infrastructure.
  • Governance Platform Requirements
    • ガバナンスを発揮するための対応は、クラウド時代に入ってから変化している
  • ガバナンスの成熟度モデル
  • Governance platform solution architecture
  • Turbot's社のgovernance platformデザインのゴール

感想

クラウドのメリットを最大限生かすためには、従来とは異なるITガバナンスが必要であることを再認識しました。今後に生かしたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。