ネクストモード設立2周年とカルチャーを醸成する取り組み

おかげさまでネクストモードは設立2周年を迎えることができました!
2022.07.07

西澤です。NTT東日本とクラスメソッドで2020年7月1日に設立したネクストモードは、無事に2周年を迎えることができました、ありがとうございます。

みなさまからの多大なるご支援に感謝感謝です。ネクストモードは、2年間で多くのメンバーにジョインいただき、一方で期間限定で着任いただいて卒業する方もあり、さまざまな背景を持つメンバーによって支えられています。その為、小さい会社ながらメンバーの入れ替わりがそれなりに発生する状況となっており、各メンバーの背景が異なることによって組織としてのカルチャーが醸成しにくいという課題がありました。

しかし、実際には様々な取り組みを通して、メンバーのロイヤリティは非常に高い状態を維持できていますし、また、まだ小さい会社という良さを活かしてメンバーの仲も非常に良い状態を維持できていると感じています。これは、全メンバーの非常に前向きで献身的な活動と、様々な取り組みによって実現できていると考えているのですが、今日はこの取り組みを少しでもご紹介できればと思います。

どこでも働ける環境におけるオフライン体験の意味とは

ネクストモードはクラスメソッドと同様にフルリモートで働くことができる会社です。採用されているクラウドやSaaSを中心とする業務システムを利用すれば、オンラインですべての業務を滞りなく進められていますし、通勤時間等の移動のコストを考えれば間違いなく業務効率は高いはずです。一方で、社内メンバー間の懇親やロイヤリティ向上にはオフラインでのコミュニケーションも必要と感じています。

代表の里見が自らワーケーションをしまくっていることが、どこでも働くことができる環境という恩恵にあずかりつつも、対面でのコミュニケーションやオフラインでの体験を重要と考えていることをよく表していると思います。SaaSを中心とした安全で便利なツールを利用して効率よく働く一方で、オンラインだけでは得ることができない体験や経験、フェーストゥフェースでのコミュニケーションを組み合わせることで相乗効果が生まれていると感じています。(これもバイモーダルと言えるのかな?)

すべてオンラインでも足りないし、すべてオフラインでも効率が悪い、その両方をバランスよく組み合わせることが、我々が提唱していきたい「あたらしい働き方」になるのかなと思います。

ネクストモードはまだ人数が少ない会社ですので、全員参加でレクリエーション等の懇親イベントも行っています。そうすることで普段フルリモートで働くメンバー間の意思疎通もスムーズになり、風通しの良いカルチャーを維持することができていると感じています。

ネクストモードのカルチャーを醸成する取り組み

様々な背景を持つ若いネクストモードでは、様々な取り組みを組み合わせることで、会社のカルチャーを少しずつ作り上げています。チーム単位で行われているものも含めるとこれら以外にもいろいろな施策があるので、その紹介は他のメンバーに任せるとして、今回は全社レベルで行われているもので思いつくところをざっとご紹介してみようと思います。

週報会でのトップからの発信

毎週実施している週報会の中で、業務的な連絡や報告事項とは別に、里見が繰り返しカルチャーの話をしています。同じようなことを具体的な話や例を用いて繰り返し話し続けることで、少しずつその考え方が全社に浸透していると感じています。また、メンバーの納得感を大切にし、この幹となる考え方がブレないようにメッセージを伝えることが重要だと思います。

月報会でのメンバー間の意見交換

月報会では中長期的な報告や課題を扱っていろいろな話をしているのですが、少人数に分けて会話できるGoogle Meetのブレークアウトセッション機能や共同編集がサクサクできるNotionを活用して、決められたテーマについて意見を出し合ってもらったり、定期的な振り返り(KPT)を実施することで、互いの理解を深める時間を作るようにしています。メンバーが会社のどこに課題感を感じていて、どのような趣向を持っていて、何を楽しいと感じるかがわかってくると、 互いの個性に敬意を払いながら自分のやり方で仕事がしやすくなると考えています。

雑談の時間を作る

Slackの雑談用チャンネルは常時誰かが好きなことを書いていますし、朝はSlackハドルを使って集まったメンバーで雑談をしてから業務を開始しています。それ以外にもとにかく互いに声をかけやすい空気を作り、場を作るように配慮しています。

設立2周年記念 全社員ワーケーションしてみた

ということで、去年に引き続き、今年も設立2周年の7/1に全員でワーケーションイベントをやってみました!2年間の成長を感じさせてくれる発表もあり、良き記念の日とすることができました。ご理解のあるお客さまやその他の関わっていただいている多くのみなさまに改めて感謝申し上げます。

まとめ

今後もネクストモードを応援してくださる人を増やしていけるように尽力していきたいと思いますので、今後もよろしくお願いいたします!