textlintとprhでお手軽校正しつつRe:VIEWで文書を掛ける環境を作ってみる

textlintとprhによる文書校正環境を整えてみました。aleのreview用linter指定はtextlintをカバー出来ていないため、とりあえずは手動校正となります。
2020.07.28

はじめに

Re:VIEWによる文書作成環境を整え、文書校正支援用ツール導入にも着手してみました。textlintprhの組み合わせにたどり着きましたが、これまた導入でとにかく嵌りました。

動作するまでには至れたため、設定手順をまとめてみました。

インストール

関連モジュールも合わせてインストールしていきます。

npm init # 全部EnterでもOK
npm i -g textlint
npm i -g textlint-rule-preset-ja-technical-writing
npm i -g textlint-rule-preset-ja-spacing
npm i -g textlint-rule-preset-japanese
npm i -g textlint-rule-prh
npm i -g textlint-plugin-review

今回インストール後のpackage.jsonは以下のようになりました。

{
  "name": "sample",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "directories": {
    "doc": "doc",
    "lib": "lib"
  },
  "dependencies": {
    "textlint": "^11.7.6",
    "textlint-rule-preset-ja-technical-writing": "^4.0.0",
    "textlint-rule-preset-japanese": "^5.0.0",
    "textlint-rule-prh": "^5.3.0"
  },
  "devDependencies": {},
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC"
}

textlintの設定を追加

.textlintrcに追加します。

% touch .textlintrc
% vim .textlintrc
{
  "rules": {
    "preset-japanese": true,
    "preset-ja-technical-writing": true,
    "preset-ja-spacing": true,
    "prh": {
      "rulePaths": ["./prh.yml"]
    }
  },
  "plugins": [
    "review"
  ]
}

prh initにてprh.ymlを作成します。

% npx prh init
create prh.yml
see prh/rules collection https://github.com/prh/rules

生成されたprh.yamlには辞書ファイル等のインポート指定がコメントアウトにて含まれています。reviewに関連する設定を有効にしておきたい場合は事前にgitリポジトリ化しておくと楽です。

git submodule add https://github.com/prh/rules.git prh-rules
 imports:
   # - ./prh-rules/media/techbooster.yml
   # - ./prh-rules/files/markdown.yml
-  # - ./prh-rules/files/review.yml
+  - ./prh-rules/files/review.yml

reviewファイルの校正

実際の校正は以下のコマンドになります。aleのreview用linter指定はredpenのみのため取り敢えずの対応です。

% textlint sample.re

あとがき

aleのreview用linter指定にtextlintがない点については、forkしての対処が必要になりそうです。

とりあえずの校正環境は揃ったため、次はPDF化までの手順を検証してみようと思います。

参考リンク